ホットトイズ ジャスティスリーグ フラッシュ レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ ジャスティスリーグ フラッシュ レビュー

pose02
今回は遅れましたが、ホットトイズ ジャスティスリーグ フラッシュ レビューです。

 



(全体像)
all01
all02
all03
all04
ホットトイズより発売された映画「ジャスティスリーグ」に登場したヒーロー「フラッシュ」のフィギュアになります。演じたのはエズラー・ミラー氏で、最近ではファンタスティックビーストなどにも出演しています。劇中のスーツほど留め具など細かいところまでは同じではありませんでしたが、かなり劇中に近い造形をリアルに再現できていました。


(各部)
h09
h01
h02

f06
h04
h07
ヘッドはサンプルよりも改良されており、激似とまではいきませんがサンプルよりも演じたエズラー・ミラー氏に近くなっていました。劇中でもこのスーツではマスクが破れた状態などでは戦うシーンはなかったこともあり、素顔ヘッドはありませんでした。マスクの造形もしっかりと再現されており、耳のマークをかたどったデザインや背面の細かい造形なども見事に作りこまれていました。

p01
p02
p03
ボディのスーツはシルバーのラインは若干劇中より光沢が強いですが、アーマープレートやインナースーツなども細かい表面のメッシュ状の凹凸も再現されており質感等十分に再現されていました。またアーマープレートには細かいダメージ塗装が施されていました。

p04
背面も同様にアーマープレートには全体的に細かいキズが塗装で施されており、正面よりもインナースーツが見える部分が多いもののスーツ表面の形状や質感も違和感なく仕上がっていました。

b10
b11
脚は上半身よりもインナースーツが見えている部分が多いですがアーマープレートのカラーともしっかり合わされており、ホットトイズには時々ある縫製部のほつれなどもなく、品質も良かったです。

ura
劇中では見えなかったと思いますが、ブーツの裏面にはフラッシュのマークが再現されていました。

(オプション)
hands
ハンドは本体付属の開き左右、平手左右、バットラング持ち手左右、ポーズ手が形状の違うものが左右それぞれ付属していました。バットラングは一つ付属していました。

bat
劇中ではスーツではない服装のときにつかんでいましたが、このフィギュアでは左右の持ち手を使用してバットラングをしっかりと持たせることができます。

エフェクトパーツ
effect
フラッシュが走る際に巻き起こる稲妻を再現したエフェクトパーツが4つ付属します。クリアーパーツでできており、カラーはブルーからクリアーに段階的に変化した塗装が施されていました。

effecto2
エフェクトパーツは両腕両脚それぞれに着けて使用します。ただ、そこまで保持力が強くないので、しっかりと体に固定するのはそのままでは難しかったです。


スタンド
stand
ワンダーウーマンやアクアマンと同様のジオラマスタンドが付属します。


(可動性)
a02
ヘッドと首はマグネット接続になっており、ヘッド後ろ部分は上に少し跳ね上げることができるためヘッドをかなり上まで向かせることができました。
a03
若干ですが首パーツも全が左右に可動域があり、前方にも深くはないですがヘッドを傾けることもできました。

a01
ヘッドは左右にも首と連動して少し傾けることができました。さらに左右には360度回転が可能でした。

a05
腕は横には70度、ひじは120度の可動域がありました。



かた
かた02
腕は面ファスナーで張り付けられている肩パーツを取り外すと容易に上げることができるようになりました。ただ説明書には90度までと書いてあったので、スーツへのダメージを気にするならばここまで動かさないほうが良いかもしれません。


a06
a06 (1)
スーツは腹部分で分割されており、少し後方にそらすこと、15度ほど左右に回転が可能でした。ただどちらもスーツ同士が干渉するので、無理に大きく曲げることはしないほうがいいと思います。


a13
脚は側面には約70度上げることができました。もう少し上がりますが、股部分のスーツの伸びや太もものアーマープレートが胴体に干渉するので注意が必要です。

a09
脚は前方には約70度、ひざは約120度曲がります。こちらももう少しなら動かせそうですが、動かす際にはスーツ等にダメージがないか注意して動かすほうがよさそうです。

a12
足首の前後左右の可動域は非常に広く、接地性はホットトイズでもトップクラスでした。



(そのほか)
pose22
pose01

run00
run01run20pose02
run05
pose05
pose01 (1)
ワンダーウーマンは腕を可動域がここまで高くないので、フラッシュのみ使用。ワンダーウーマンもシームレスの部位もダメージなく可動性が高いフィギュアが今後出てほしいですね。

pose12
pose20 (1)
flashtop01
leage
ワンダーウーマン、アクアマンとともに。ジャスティスリーグフィギュアは今後スーパーマンとバットマン(通常スーツ)が発売予定になっています。ただMCUやスターウォーズのほうがリリーススピードが速いので、これら二つが来るのは少し遅れそうですね。

以上ホットトイズ ジャスティスリーグ フラッシュ レビューでした。



(総評)
よかったところ
衣装はさすがに劇中スーツそのままとはいかないが、造形カラーともにリアルに再現
可動性は胴体以外は高く、首をマグネット仕様にしたことで上に大きく向けるので走行状態に対応可能

エフェクトーパーツ4つにより、高速移動するフラッシュの状態を再現可能

気になったところ
劇中使用アイテムもほとんどなかったのもあるが、オプションパーツは少な目

今回のフラッシュのフィギュアはサンプルでは似ていないと言われていた顔は演じるエズラー氏に近くなるよう修正されており、全身のスーツの造形やカラーも劇中に近くリアルに再現されていました。可動性は腹部胸部以外は高めで、大きく身体を動かしたポーズは難しいものの劇中の走っているポーズには十分対応できました。またヘッドと首の接続がマグネット仕様になっていることにより、ヘッドを大きく上に向けられるので走行ポーズを容易にとらせることができました。

気になった点は、劇中でもあまり使用したアイテムなどがないこともあり、エフェクトパーツはあるものの付属品は少なめでした。エフェクトパーツはもう少し体にセットする際に安定して取り付けられるとよりよかったですね。あとフラッシュの走るポーズは付属のスタンドではとらせずらいので、フレキシブルピラーが支柱のもののほうがよかったです

ジャスティスリーグ公開からかなり経ってしまいましたが、付属品は少ないもののフィギュアの衣装の再現や可動性も良いので、ジャスティスリーグのフラッシュが欲しい人は購入を検討しても良いと思います。
ホットトイズからは今後はスーパーマン、バットマン(通常スーツ)の発売が予定されています。ただサイボーグのリリースは情報が出てないので、ジャスティスリーグがこのシリーズで揃うことは現時点ではなさそうですね。フラッシュも単独映画が予定されているものの諸事情がありなかなか制作が進んでいない状態ですが、ワンダーウーマン、アクアマンともにヒットしたこともありそれに続いてほしいですね。

それでは今回はこれにて。




ホットトイズ ジャスティスリーグ フィギュア各種(amazon)
ホットトイズ ジャスティスリーグ フィギュア各種(駿河屋)


(関連レビュー)
ホットトイズ ジャスティスリーグ ワンダーウーマン(トイサピエンス限定版)
ホットトイズ ジャスティスリーグ アクアマン
ホットトイズ バットマン

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます