バンダイスピリッツ S.H.Figuarts ブラックキング ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

バンダイスピリッツ S.H.Figuarts ブラックキング ミニレビュー

bk01 (1)
今回はバンダイスピリッツ S.H.Figuarts ブラックキング ミニレビューです。

 



(全体像)
bk01bk02bk03bk05bk04
S.H.フィギュアーツより「帰ってきたウルトラマン」に登場したブラックキングが魂ウェブ商店限定で発売されました。劇中ではナックル星人と組んでウルトラマンジャックを追い詰め、一度はジャックを戦闘不能にして拘束しました。平成ニュージェネレーションシリーズでは、ウルトラマンギンガ、エックス、ゼロ、オーブ、ルーブなどとも交戦しています。フィギュアは劇中のスーツのデータをもとに造形されており、左右非対称の造形を再現しています。サンプル画像と比較しても、カラーなど目立った変更点や劣化はなく商品化されていました。


(各部)
up01up02
ヘッドはサンプルから大きな変更なく造形されており、ブラックキングの特徴ともいえる頭部の角の形状も問題ありませんでした。


up04
口は開閉が可能で、口の中のキバや内部も彩色されています。
のど
首の部分には、スーツアクターが視界を確保するための穴も造形されていました。

up05up06
腹部の蛇腹のような形状や、各部にあるいぼのような造形も再現されていました。

up10
背中から伸びた4本の角も造形されており、角の位置が左右非対称になっているところも再現されています。

up11
腕は上腕、ひじ、前腕、ハンドパーツからなり、動かした際にもパーツ同士の隙間が目立たないように造形されていました。

up12
脚の爪はゴールドで塗装されており、脚も膝や足首の隙間が動かしても見えにくいように造形されていました。

up14
up22
しっぽは腕や脚よりもパーツ同士の接続部が目立たないようになっており、角の形状も背中と同じくしっかりと再現されています。



(可動性)
a02a01
首は頭部を合わせて4パーツで構成されており、それぞれの関節のおかげでかなり上にヘッドを向けることができました。

a03
首は約60度ほど左右に回転できます。

a04a06 (1)
腕は上には上げられるものの、本体との干渉もあり真上には上げることはできませんでした。
a06
腕は左右には45度ほど横に開け、ひじは90度曲げられました。

a09
胸と腹部の関節を使用すると、頭部と首をより前方に傾けることができます。

bk200
腹部、首の関節を使用して、ブラックキングの体を左右に少し動かすこともできました。

a11a10
腹部の関節を使用して、少し前後に身体を動かすことができます。



a15
脚は前方にそのまま上げることはできませんが左右にはそれぞれ60度ほど開脚でき、足首も左右に少し可動域がありました。

a16
足首は前後にも少し可動域がありました。脚は後ろにも動かせますが、しっぽの干渉もあるので真後ろには動かせないようでした。


a18
しっぽは4パーツから構成されており、前後左右に形状を少し変えることができます。
 



(そのほか)
kai20 kai22 kai09

kai02vs01 (1)kai01kai06vs17vs20 vs200vs201
ブラックキングはニュージェネレーションシリーズでも劇中登場回数が多いので、今まで出たウルトラマンのフィギュアーツとも劇中をイメージしたディスプレイが可能ですね。

bk01 (1)fire02

bk100
以上バンダイスピリッツ S.H.Figuarts ブラックキング ミニレビューでした。

 

 

(総評)
サンプルから目立った変更や劣化などなくカラーやプロポーションを再現して立体化
付属品は一切ないが、身体には多数の可動部位が設けてあり可動性を向上させる工夫あり
できれば頭部の角取り外しまたはドリルなどオプションがあればさらによかった


フィギュアはサンプル画像から目立った劣化なく商品化されており、身体は多数のパーツに分割することで可動性を向上させていました。一方工夫はされていますがウルトラマンなどと比べると可動性はあまり高くないですが、現状では怪獣の体型ではこれくらいが限度なのかもしれませんね。またオプションパーツが一切ないので、劇中ではよく頭部の角を破壊されるので着脱できるようにするか、ウルトラマンエックスなどに登場したドリルに換装
できるとさらによかったですね。

ブラックキングは最近のテレビシリーズでも登場回が多い怪獣ということもあり、新旧多数のアーツウルトラマンフィギュアとのディスプレイに合いますので、ウルトラマンを合わせてディスプレイした人は購入を検討しても良いかもしれません。

今後ウルトラシリーズからは2019年8月にジードマグニフィシエントが限定で、一般ではウルトラマンタロウ、タイガ、そしてウルトラマンエックスモンスアーマーセットなどが発売予定です。怪獣はあまり売り上げが厳しいのはあまり発売されませんが、できれば最近のシリーズではよく出てくるギャラクトロンなども出してほしいですね。

それでは今回は短めですがこれにて失礼します。


bnr_shf_monsarmor_opset_600x163
S.H.Figuarts ブラックキング 「帰ってきたウルトラマン」 (駿河屋)

(関連レビュー)
S.H.フィギュアーツ ウルトラマンジャック
S.H.フィギュアーツ ウルトラマンゼロ
S.H.フィギュアーツ ウルトラマンエックス
S.H.フィギュアーツ ウルティメイトイージス/ウルトラマンゼロアーマーセット

関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます