バンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ 真骨彫 仮面ライダーオーズ タトバコンボ ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

バンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ 真骨彫 仮面ライダーオーズ タトバコンボ ミニレビュー


oooz08
今回はバンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ 真骨彫 仮面ライダーオーズ タトバコンボ ミニレビューです。

(全体像)
oz01 (1) top02
top03 oz02
真骨彫ブランドより、SHフィギュアーツの仮面ライダーオーズタトバコンボが発売。旧型のものよりも各部が大きくなりがっしりとした体格になっており、各部の造形も劇中イメージにより近く改良されていました。塗装は概ねは詳細に施されていましたが、私の購入分では数か所に塗装のはねがあったのが残念でした。


face02face01face03
頭部は以前のものよりも大型化し、外形の形状が旧版よりも劇中に近い造形に改良されていました。 レッドカラーの部分はメタリック塗装が施されていました。

up01up02up03
胸部のオーラングサークルのタカ、トラ、バッタのデザインも劇中とそん色なく立体的に再現されており、ヒンジで接続された肩アーマーや収納型のトラクローなどの造形も劇中イメージに近く造形及び塗装されていました。

back01
背中部分の形状や塗装も問題ない仕上がりでした。


belt01
オーズドライバーは旧版とは違いコアメダルを着脱でき、バックル部分が劇中どおりに可動します。メダルはしっかりと奥に押し込めば、真骨彫のWサイクロンジョーカーのようにぽろぽろ外れることもなくセットすることができました。


sub01
右腰にはオースキャナーをセットでき、セットするベルトの部分は左右に回転が可能でした。


asi01ashi02
脚のオーズ独特のグリーンのラインのデザインも良く再現されており、それ以外は少しつや消しのブラックで塗装されていました。脚の大まかな形状は、旧版よりも現在リリース中のウルトラマンのフィギュアーツのものに少し似ていました。



(オプション)
hands
ハンドは本体付属の握り左右に加えて、開き、ポーズ、メダジャリバー持ち手、メダル持ち手が左右それぞれ、オースキャナー用右手が付属します。

crow

sub02
トラクロー展開パーツが付属し、通常の腕をひじ下から取り外して交換することができます。

メダジャリバー
me02
オーズタトバコンボの武器メダジャリバーも付属し、形状も先端が鋭く造形されており、各部の塗装も細かく施されてい最現されていました。

me01
メダジャリバーの刀身中央部分のメダル装填部分はパーツ交換で有無を再現でき、レバーも可動しました。

zyari
劇中でも左右両方で使っていたこともあってか、左右の持ち手が用意されているので右手左手どちらにも持たせることができます。


op01
メダル取り出し用補助棒、オースキャナー、メダジャリバーメダル装填状態再現パーツ、コアメダル(タカ、トラ、バッタ)です。コアメダルは小さいながら表面にタカなどの形状が再現されており、塗装も施されてリアルに作られていました。ただWのガイアメモリと同様小さいので紛失には注意が必要です。

scasub03
オースキャナーは専用右手パーツを使用して持たせることができ、右腰にはスキャナーをしっかりとセットできます。


change
今回のオーズはコンボチェンジギミックにより3つに分解することができ、今後出るガタキリバなどとの組み換えにより劇中の派生コンボを再現できるようです。



(可動性)
a02a01a03
ヘッドは上に45度、前方に30度、左右に30度傾ける可動域がありました。左右回転は約90度可能でした。

a06
肩アーマーはヒンジで接続されており、腕を動かす際には干渉しにくくなっています。腕は横には100度、上には90度可動域がありました。

a07
肩は引き出し機構があり、腕をまっすぐ前方に伸ばすことができます。ただ胸部の干渉があるためそれ以上引き出すのは無理そうでした。

ude
腕は肩を軸に360度回転し、ひじのすぐ下に追加された可動ポイントは左右30度ほど回転が可能になっていました。できればこちらも90度ほど可動域があるとさらによかったですね。


a09a10a11
胴体は胸部と腹、腹と腰の可動域がかなり広いため、体を大きく前後に曲げることが可能でした。左右にも胸部が45度、腹部は360度の回転が可能でした。

a12a13
脚は左右には約170度ほど開脚が可能で、ひざは120度、前方には90度可動域がありました。つま先も50度ほど上に可動します。また足首の可動域は全が左右ともに広く、接地性はかなり高かったです。

asisi
脚も腕と同様にひざの関節下部分に左右30度ほど回転できる可動ポイントが設けられていました。





(そのほか)
ooo03ooo03 (1)

oooz12oooz03oz01oooz01
oooz05 oooz07
メダル交換。今後ガタキリバなどに付属するコアメダルを使用して、劇中の交換場面にも対応できそうですね。ただ私の購入分だけかもしれませんが、ハンドにしっかりとメダルをもたせにくかったですね。

oooz10
なぜかWサイクロンジョーカーのガイアメモリ用のハンドのほうが、オーズのハンドよりもしっかりとコアメダルを持たせることができました。
oooz04
レビューはしていませんが、映画運命のガイアメモリで初共演した同じく真骨彫のWサイクロンジョーカーと。オーズの次に放送されたフォーゼも真骨彫で出てほしいですね。

oooz08oooz09oooz02

以上、バンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ 真骨彫 仮面ライダーオーズ タトバコンボ ミニレビューでした。



(総評)
他の真骨彫と同様に、リアルな造形と高い可動性を兼ね備えた真骨彫にふさわしい仕上がりでした。小さいながらメダル交換などにも対応でき、コンボチェンジギミックにより今後発売されるガタキリバコンボなどと組み合わせできる拡張性があるのもすばらしいですね。ただ私の購入分では少し塗装のはねが見られたりしたので、品質管理は徹底してほしかったです。

今後はガタキリバコンボは発売予定ですが、ラトラータ、タジャドル、シャウタ、サゴーゾ、プトティラなども発売が期待されます。個人的にはオーズでコンボチェンジギミックができるのならば、Wサイクロンジョーカーも左右分割可能ならばリニューアル版もやってほしいですね。あとオーズつながりで将軍様と馬なども・・・。

それでは今回は短めですがこれにて。



bnr_shfss_krooo_gatakiriba_600x163
S.H.Figuarts(真骨彫製法) 仮面ライダーオーズ ガタキリバ コンボ

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます