バンダイスピリッツ 超合金魂 ゲッターエンペラー 超ミニミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

バンダイスピリッツ 超合金魂 ゲッターエンペラー 超ミニミニレビュー

ac07
バンダイスピリッツ 超合金魂 ゲッターエンペラー 超ミニミニレビューです。



 

 

ゲットマシン3機

ma01ma02ma03ma04
上からエンペラージャガー号、エンペラーイーグル号、エンペラーベアー号になります。それぞれは専用の支柱を使用して同時にスタンドにディスプレイすることができます。それぞれのゲットマシンはベアー号以外はダイキャストは使用されていないようでしたが、合体機構に対応するため多数のパーツを使用して劇中設定の形状を再現していました。

ゲッターエンペラー
e01e02e03e04
三機のゲットマシンが合体してゲッターエンペラーとなります。全長は約23センチと思ったより小さめで、全身にわたって施されたモールドやメタリック塗装により、精密なディテールを再現していました。なおハンドは、スタンド後方に使用しないオプションハンドを接続することができます。

f01f02f04
全身の表面は複雑に造形されており、カラーはメタリック塗装が施されて質感も上々でした。あと足部分は左右に拡張できるのですが、しっかりとロックできずすぐに戻ってしまうのが残念でした。

b01
ウイングも左右に展開することで、設定の形状を再現していました。頭部のつの?の裏はできれば穴が見えないように隠すようにしてほしかった気も。

エンペラートマホーク
h01
分離したパーツを使用して、エンペラートマホークが組みあがります。トマホークは専用支柱を使用することにより、スタンドに設置することができます。


h02h04
トマホークの刃の部分のシルバー塗装は光沢があり、刃の接続部分にはゲッター3体のヘッドを模したデザインも細かく再現されていました。

arm02arm01
トマホークは専用ハンドを使用して直接持たせる以外に、通常ハンドをジョイントにはめこんで持たせることもできます。


(そのほか少し)
ac01ac02ac02 (1)ac01 (1)ac07ac04
正直なところ合体時の可動域は全体的に低いですが、脚を少し前後にしたり少し腕を上げたりしてのポーズには対応できました。

tiop
以上、非常に短くて申し訳ありませんが、バンダイスピリッツ DX超合金 真ゲッターロボ 世界最後の日 ゲッターエンペラー 超ミニミニレビューでした。

(総評)
3機のゲットマシンは合体のため複雑にパーツが使用されていることもあり形状は劇中ほど再現してはいませんでしたが、メタリック塗装などで質感も十分に仕上がっていました。ゲッターエンペラーも、余剰パーツなしに合体できる機構は素晴らしいです。ただ若干上半身と胴が外れやすい感じではあったのは残念でした。合体時の可動性はあまり広くないですが、最低限の可動域なのは仕方がないかもしれません。

私はホットトイズばかり買っていることもありますが、エンペラーという名前もあって30センチ以上全長があったほうがより迫力も出ると思います。もし改良版が出る機会があるならば、それに加えて上半身と腰が外れにくいような構造にしてほしいですね。

現実問題ゲッターロボやドラゴンを簡単に完全変形させるのはほぼ無理でしょうが、いつかはより簡単に完全変形できるゲッターも出てほしいですね。

それでは今回は短めで申し訳ありませんが、これにて失礼します。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます