ホットトイズ ジャスティスリーグ バットマン レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ ジャスティスリーグ バットマン レビュー

posetop
今回は遅れましたが、ホットトイズ ジャスティスリーグ バットマン レビューです。



(全体像)
top01top02top03top04
映画「ジャスティスリーグ」より、ヒーロー達のリーダー的存在であるバットマンのフィギュアがホットトイズより発売されました。スーツデザインはバットマンVSスーパーマン似ているものの新規にデザインされており、筋肉質でパワーあふれるイメージを引き継ぎながらよりスタイリッシュなスタイルになっています。

フィギュアではバットマンVSスーパーマン版と共有パーツはあるものの、ヘッドやスーツ部分はほぼ新規のものが使用されていました。スーツ表面の造形やカラーもバットマンVSスーパーマン版ときちんと差別化されており、上半身の筋肉質な体型も十分に再現していました。


(各部)
up01up02up03up04up05up07
バットマンのマスク付きヘッドのシルエットは劇中やサンプル画像と見比べてもさほど変更はなく、バットマンVSスーパーマンのフィギュアとは違い新規造形されていました。ベン・アフレック氏の目や口周囲のみならず、額のしわや首周辺のたわみまで詳細に再現されていました。

b01
腹部のデザインも前作版とは違ってバットマンマークはより黒くなっており、腹部の筋肉のような形状はより立体的に再現されていました。

u01u02u03
ユーティリティベルトはバットマンVSスーパーマンのものと同じようですが、カラーがより銅色に近くなりキズやウェザリング塗装も施されており、質感等は問題ない仕上がりでした。

leg01
脚のブーツまでは新規スーツが使われており、ブーツ部分はバットマンVSスーパーマン版と同じものが使用されているようでした。

boots01boots02
ブーツ先端部分もバットマンVSスーパーマン版と同じものが使われているようです。ただ塗装も丁寧に施されておりサンプルや劇中と比べてもさほど違和感はなく見えるので、そこまで気にならないとは思います。

mant
背中のマントは先端部分に破れの処理が施されており、外側表面にはウェザリング塗装及び処理が施されていました。さらに表裏で別の布地を使用しており、表裏のマントの材質の違いを再現していました。

back05ashi02
マントに隠れているスーツも、背中のチャック以外は手抜きなどなくしっかりと作られていました。

(オプション)
hands
ハンドはバットマンVSスーパーマン版とほぼ同じですが、カラーはジャスティスリーグ版に準拠していました。

op01
グラップネルガン用アンカーパーツ5種類、バットラング×3、眼部交換用スティック、グラップネルガンの一つはバットマンVSスーパーマン版と同じものが付属します。もうひとつのグラップネルガンは、タクティカルバットスーツ版と同じものが付属していたもののようでした。

gun02
バットマンVSスーパーマン版と同じく、グラップネルガンには未展開のアンカーを二つ装備することができます。もう一つのグラップネルガンはギミックはないようでしたが、造形や塗装ともに問題ない仕上がりでした。


半円型パーツ、通信機パーツ
op02
半円型パーツは、ブルースヘッドを本体に接続する際に襟もとにセットします。

sukurin
通信機は、右腕にマグネットでセットすることができます。ただ磁力はそこまで強いわけではないので、少し取り付けにくいかもしれません。

パラデーモンの銃
w01wo2w03w06w08w09
銃は、劇中ではタクティカルスーツの状態で使用していましたが今回は通常状態のほうに付属していました。可動部位はありませんが造形は非常に細かく作られており、左右の持ち手を利用してバットマンに装備することができます。

眼部パーツ
eye
眼部パーツは本体付属の正面に加えて、左右に目線が向いたパーツが用意されていました。3種類の目線に変更できるので、大体のポーズにあわせて使用することができます。

なお交換方法などはバットマンVSスーパーマン版バットマンとほぼ同じなので、そちらのレビューを参照願います。
ホットトイズ バットマン&スーパーマン(2体セット)バットマン レビュー 前編



口交換パーツ
mouth01
口交換パーツも半開き、食いしばりの二種類が付属し、戦闘用などに使い分けることができます。こちらは口にマグネットではめ込む方式になっており、着脱も用意でした。ただ少しマスクとパーツの間に隙間ができることがあるので、その際にはしっかりと押しこむ必要があります。



ブルース・ウェインヘッド
bh01
今までバットマンVSスーパーマン版など複数のフィギュアには付属しなかったバットマンの素顔ヘッドですが、ようやく今回のバットマンには付属しました。
bh02bh03
素顔ヘッドはブルース・ウェインを演じたベン・アフレック氏によく似せて作られていました。ヘッドはサンプルからほぼ劣化は少なく、ひげや左右の髪の毛に混じる白髪など細かい部分まで緻密に再現していました。

bh04bh06headback
頭髪の生え際の再現もよくできています。今回のヘッドはよく似ていると思いますが、今後少なくともバットマンではホットトイズでベン・アフレック氏のブルースのヘッドが製作されることはなさそうなのが非常に残念です。

mag01
素顔ヘッドを本体に接続する際には、マントを先ほどの半月型パーツを襟もとにセットした後に肩にセットします。ただ私の購入分ではブルースヘッドを着けたままにするとすぐに首にマントのカラーが移ってしまったので、気になる人はあらかじめビニールや何かで首とマントの接触部分を保護するなど対策をとってもいいかもしれません。

スタンド

stand01
今回は通常版なので、他のジャスティスリーグメンバーと同じ台座は付属します。限定版はパラーデーモンが倒れたジオラマスタンドですが、あちらには通常版スタンドは付属しないのでほかのメンバーと合わせてディスプレイする際にはこちらのほうがいいかもしれませんね。

(可動性)
a02
首は前方は少しですが後方は30度ほどそらせることができます。

a03a04
横には20度ほど傾けることができ、左右には360度回転が可能でした。

a05
腕は横には90度、前方にも90度上げることができます。それ以上も少し動きますが無理しないほうがよさそうでした。

a07a09
前方及び後方には約30度ほど可動域があり、前屈や体をそらせることがある程度できました。

a13
胴体は私の購入分では左右に10度ほどは回りましたが、それ以上は厳しかったです。

a10
脚は前方に70度、ひざは90度曲がります。

a11
脚は左右には70度とありますが、もう少し開脚が可能でした。ただスーツが無理に引っ張られるので破損が気になる人は70度でやめておいたほうがよいかもしれません。 足は前後左右に可動域はそこそこありましたが、マントの重量もあるので戦闘ポーズ等で長時間飾る際はスタンドを使用したほうがよさそうでした。



(そのほか)
pose01posetop

ac05 ba01pose03p01
pose20pose22
p05p02
ベン・アフレック氏の演じるバットマンは、ダークナイトトリロジーのクリスチャン・ベイル氏演じたバットマンよりも力強い格闘シーンが魅力でした。せめて単独作「バットマン」までは出てほしかったですね。


ac03

ac07名称未設定ac01

bruce01bruce01 (1)

ジャスティスリーグと
jl02fb01
jl03z01

pozs50
ジャスティスリーグ四人と。後はスーパーマンが発売予定ですが、サイボーグはアナウンスは現時点までないのでホットトイズのこのシリーズ揃うことは厳しいかもしれませんね。

ジャスティスリーグまでバットマンを演じたベン・アフレック氏がバットマンを降板したのは非常に残念ですが、氏の演じるブルースヘッド付属のバットマンが最後に出たのは良かったと思います。 しかしハーレイクイン2、スーサイドスクワッド2などの公開も控えており、彼らに対抗する新バットマンの登場が待たれますね。

以上、ホットトイズ ジャスティスリーグ バットマン レビューでした。



(総評)
よかったところ
前作版と同じパーツも使用しているが、全身のデザインは劇中と違和感も少なくカッコよく再現
ヘッドは目線を正面左右に対応、口の形3種類パーツもあって目線や表情を変更可能
ベン・アフレック氏演じるブルースヘッドはよく似ており、劇中のマスクを外した状態を再現可能
オプションパーツはグラップネルガン、アンカー各種、バットラング、パラデーモンの銃など通常版でもかなり豊富


気になったところ
ブルースのヘッドにマントから色が移りやすい

今回のジャスティスリーグ版バットマンフィギュアは以前のものと共通パーツが少なからず見られましたが、新規部分も多く劇中のイメージからあまり劣化せずに再現できていました。ヘッドはバットマンVSスーパーマン版のバットマンとは違い左右の目線のパーツも付属しており、上下以外の目線に変更が可能でした。口パーツも3種類付属しておりバットマンの表情を複数パターンに変えることができます。そして初付属となるブルースヘッドも演じたベン・アフレック氏によく似せており、劇中でのマスクを外した状態も再現できます。前作版などの流用もありますがオプションパーツもかなり多く、まさにベン・アフレック版バットマンのホットトイズの集大成といった内容でした。

気になったのは、私の購入分ではブルースヘッドをセットしてマントを着けた状態にしたときに、首にブラックカラーが少しついてしまったのが残念でした。長くマントを付けた状態でディスプレイする場合には、色が移らないようにビニールを巻くなどしたほうが良いと思います。 あとパラデーモンの銃は劇中ではタクティカルスーツで使用していたので、未購入ですがタクティカルスーツ版にも付属させてほしかったですね。

今回のバットマンはオプションパーツは通常版でもかなり充実していました。ボーナスアクセサリ版はパラデーモンのジオラマ台座が付くものの通常版台座が付属しないこともあり、他のジャスティスリーグフィギュアと同じ台座に合わせてもいいならば通常版でも問題ないと思います。ベンアフレック版バットマンの1/6フィギュアが欲しい人は、このセットがもっとも満足できる内容だと思います。


ホットトイズでジャスティスリーグの発売はスーパーマンのリリースを残すのみになり、サンプルが展示されたサイボーグは商品化されないままになりそうですね。そのため、ジャスティスリーグが揃うことはこの機会では残念ながらなさそうですが、もしジャスティスリーグの続編が製作される際はサイボーグも出してほしいですね。

それでは今回はこれにて。




ホットトイズ バットマン 「ジャスティス・リーグ」 (駿河屋)
ホットトイズ ワンダーウーマン 「ジャスティス・リーグ」(駿河屋)
ホットトイズ アクアマン ジャスティス・リーグ」 (駿河屋)
ホットトイズ フラッシュ 「ジャスティス・リーグ」 (駿河屋) (あみあみ)
ホットトイズ スーパーマン 「ジャスティス・リーグ」 (駿河屋)

(関連レビュー)
ホットトイズ ジャスティスリーグ ワンダーウーマン(トイサピエンス限定版)
ホットトイズ ジャスティスリーグ アクアマン
ホットトイズ ジャスティスリーグ フラッシュ
ホットトイズ バットマンVSスーパーマンジャスティスの誕生 バットマン&スーパーマンセット
ホットトイズ バットマンVSスーパーマンジャスティスの誕生 アーマードバットマン
ホットトイズ バットマンVSスーパーマンジャスティスの誕生 バットマンナイトメア版

関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます