バンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ ウルトラマンギンガ ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

バンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ ウルトラマンギンガ ミニレビュー

g01 (1)
今回はかなり遅れてしまいましたが、バンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ ウルトラマンギンガのミニレビューになります。

 






(全体像)
all01all02all03all04 
かい
ギンガはバンダイのウルトラマンフィギュアブランドであったULTRA-ACTでもニュージェネレーションウルトラマンとしては唯一フィギュア化されていましたが、今回フィギュアーツでも二回目のフィギュア化となりました。大きさは小さくなりましたがアクト版よりも質感が高くなり、各部の造形はより劇中スーツデザインに近くなりました。全身は、つや消しのレッドカラーとシルバーで塗装されていました。


(各部)
h01h02h03
頭部はULTRAACTと比較してより細かく造形が再現されており、眼の部分もクリアーパーツに変更されていました。


b01
胸部のクリスタルや肩の一部にはクリアーパーツが使用されており、デザインもアクト版からより細かく劇中スーツに近くなっていました。

ude
腕部分にもクリアーパーツでクリスタルが再現されており、シルバーのデザインも少し塗装乱れはありますが概ねは良好でした。


l01l02
すね部分にもクリアーパーツが使用されており、脚全体のバランスも良くシルバーのラインの再現も問題ない仕上がりでした。

back02
背中の造形は問題ないですが、アクト版にあった支柱結合用パーツ取り付けなどは未対応でした。

l04
脚の後ろ側の塗装や造形にも別段不具合もなく仕上がっていました。

 

(オプション)
hands
ハンドは開き、ギンガスパークランスの持ち手、平手の三種類が左右付属しました。

ギンガクロスシュートエフェクトパーツ
effect01
effect02
ギンガクロスシュートエフェクトパーツが付属し、アクト版と同様にハンドパーツごと交換して取り付けることができます。アクト版とは形状とカラーも新規になっていました。

ギンガスパークランス
effecto3effect05
ギンガスパークランスはアクト版には付属せず、今回が初めて付属されました。専用ハンドを使用して両手にしっかりと持たせることができます。あと胸のカラータイマーも、ブルーとレッドの交換パーツが用意されており、しっかりとセットすることができました。

一方、アクト版には付属したギンガセイバーは未付属でした。



(可動性)
a01a03
ヘッドは首を基点に約45度前後に動きます。首は前方にのみ可動しますが、胸部も可動域があるので飛行などのポーズには問題ありませんでした。

a05
首は左右には約30度ほど可動域がありました。

a06
ヘッドは首を軸に360度回転が可能でした。

a08a09
腕は左右には約90度上がり、前後には360度の可動域がありました。肩は若干前方に引き出せるので、腕をより正面に移動させることができました。肘は150度ほど可動域がありました。

a10
肩部分はジョイントで接続されており、左右に若干回転と少し下に移動させることができ腕の可動域に干渉しにくくなっていました。

a11a13
胴体は前方には40度ほど、後方には30度ほどの可動域がありました。

a14
胸部は腹部パーツを基点に360度回転が可能でした。一方腰パーツを基点に腹部パーツ前後にはわずかに可動域がありますが、左右に回転できないようになっていました。

a16
脚は前方には100度ほど上げることができ、膝は約130度ほどの可動域がありました。つま先は上方向に跳ね上げることができ、後方には10度ほどですが可動域がありました。

a18
脚は左右には約140度ほど開脚が可能で、足の前後左右の可動域も広めで接地性は高めでした。

アクト版のギンガは関節が緩く感じましたがフィギュアーツ版ではそれは解消しており、ストレスなくポーズを決めることができました。

 


(そのほか)  
ginga04gings02g01 (1)g02 (1)ginga09ginga06

ginga07
gings03

l06
ginga01l02 (1)l03 (1)x02x01x04x06
vic01vic02
最後はギンガとビクトリーで。以上短めですが、S.H.フィギュアーツ ウルトラマンギンガ ミニレビューでした。

 

 

(総評)
アクト版よりも造形カラーともに劇中スーツに近いデザインに改良
各部可動性も高く、劇中ポーズに対応可能
ギンガスパークランスが付属し、それに対応したハンドも付属
アクト版にあったクリスタル換装機構は未搭載でギンガセイバーも未付属

ウルトラマンニュージェネレーションのフィギュアーツの商品化が進む中最新のタイガを除けば最後の登場となったギンガですが、その分各部の造型や可動性など満足のいくものに仕上がっていました。ギンガクロスシュートエフェクトパーツやランスが付属するので、それらを使用したポージングにも十分に対応できました。
一方気になったのは、クリスタルの交換ギミックがなくなり、ギンガセイバーが未付属になった点ですね。値段は上昇していることもあり、片腕だけでもいいので付属させてほしかったですね。


ニュージェネレーションウルトラマンのフィギュアーツは、現時点ではタイガトライストリウム、ウルトラマントレギア、ジードウルティメイトファイナルなどが発売される予定です。ウルティメイトファイナルが発売することもあり、ギンガもギンガストリウム、ギンガビクトリーなどパワーアップ版のフィギュアの発売にも期待したいですね。

それでは今回はこれにて。

 


bnr_shf_ultramangeed_uf_600x163bnr_shf_ultramantaiga_tristrium_600x163
S.H.Figuarts ウルトラマンジード ウルティメイトファイナル
S.H.Figuarts ウルトラマンタイガ トライストリウム
S.H.Figuarts ウルトラマンギンガ 「ウルトラマンギンガ」(駿河屋)
S.H.Figuarts ウルトラマンビクトリー 「ウルトラマンギンガS」 (駿河屋)
フィギュアーツ ウルトラマンシリーズ各種(楽天)
フィギュアーツ ウルトラマンシリーズ各種(Yahoo!、paypayモール)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます