ホットトイズ コスベイビー アベンジャーズエンドゲーム アイアンパトリオット ミニミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ コスベイビー アベンジャーズエンドゲーム アイアンパトリオット ミニミニレビュー

w01
今回はホットトイズ コスベイビー アベンジャーズエンドゲーム アイアンパトリオット ミニミニレビューです。

 





(全体像)
p01p02p04p03
ホットトイズのコスベイビー アベンジャーズエンドゲーム版のアイアンパトリオットです。アイアンパトリオットはMCUでは映画「アイアンマン3」でも登場していましたが、こちらはそれよりも新しく2019年時点ではウォーマシン(ローズ使用もの)としては最新鋭のスーツになります。
フィギュアはサンプル画像と同じく、全武装を展開している発射状態のポーズになっています。サンプルとの違いは、ブルーとレッドカラーにはメタリック塗装が使用されていました。また、目の縁、口の上、胸部の構造など、劇中のスーツに合わせて変更がなされているようでした。


(各部)
headl01
頭部後ろのパーツを取り外して、ライトアップスイッチを操作できます。ライトアップの光の強さはそこまでは強くありませんが、目が均一に光らせることができました。

z01
胸部や腕部分のマーキングも詳細に施されており、塗装もミスもなく綺麗な仕上がりでした。

z01 (1)
左右の武器はサンプル画像よりは造形がシャープではありませんが、各部の武装はぐらつくこともなくしっかりとフィギュアに固定されていました。なお私の購入分ではフィギュアを台座にセットすると足と台座の間に少し隙間ができてしまうので、その辺はちゃんとしてほしかったですね。

 


(そのほか)
w01w03w05
台座がなくても、自立が可能でした。

wlast
最後はレビューはまだですがアイアンマンマーク85と。

 

以上短いですが、ホットトイズ コスベイビー アベンジャーズエンドゲーム アイアンパトリオットミニミニレビューでした。

 

 

(総評)
今回のアイアンパトリオットはサンプル画像とは違ってレッドとブルーカラーはメタリック塗装になっており、質感はサンプルよりも向上して見えました。目のライトアップも目を均一に光らせることができ、各部も細かいところまでしっかりと造形&塗装されていました。全武装展開状態でフィギュア化されているので、他の攻撃態勢のフィギュアと一緒にディスプレイしても見劣りしないと思います。後できればローズヘッドなどに換装できるバージョンもあればよかったですね。

ホットトイズでこのアイアンパトリオットが初めてのフィギュア化になりますが、今後発売される1/6スケールのアイアンパトリオットにも期待したいですね。

それでは短いですが今回はこれにて。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます