ホットトイズ コスベイビー アベンジャーズエンドゲーム アイアンマンマーク85(バトル版) ミニミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ コスベイビー アベンジャーズエンドゲーム アイアンマンマーク85(バトル版) ミニミニレビュー

l04
今回はホットトイズ コスベイビー アベンジャーズエンドゲーム アイアンマンマーク85(バトル版) ミニミニレビューです。

 



(全体像)
t01t02t03t04 
ホットトイズ コスベイビーのアイアンマンマーク85(バトル版)のフィギュアで、かがんで右腕を上げ、覚悟を決めてナノガントレットを使用するポーズを劇中のイメージから離れず再現しています。

hikaku 
着地版との違い。ヘッドと両腕は別パーツが使用され、胴体より下は共通でした。

(各部)
p01
ヘッドは劇中最終局面での傷ついたトニーの顔のプリントが施され、キャップのように顔に汚し塗装はありませんでしたが劇中のイメージにあった表情になっていました。

p02p06
胴体部分は着地版と共通ですが、ガントレットから続くエフェクトのデザインが追加されていました。下の地面のジオラマはソーなどと共通ですが、台座とは分離できますがフィギュアとは固定されているので着脱は不可能でした。


g01g02 
右手にはナノガントレットを装着した状態が再現され、インフィニティストーンなど細かい部分まで丁寧に塗装されていました。


(オプション)
p10
トニーの「I’m ironman」という台詞がスタンド付きで付属するので、フィギュアの横に置いてディスプレイすることができます。


 
(そのほか)
l10l01l03l04zz
この映画でも最も印象的なシーンをそのまま再現していました。これが最後のアイアンマン=トニーの雄姿でしたね・・・。

以上ホットトイズ コスベイビー アベンジャーズエンドゲーム アイアンマンマーク85 ミニミニレビューでした。

 

 

(総評)
胴体は着地版、地面はソーなどと共通ですが、ディフォルメされていはいますがマスクを脱いだトニー・スタークの傷つき覚悟を決めてナノガントレットを使用する表情を再現していました。ガントレットの発光機能などはありませんが、塗装やプリントには問題はなく仕上がりも良いのでこのシーンが印象的だった人にはおすすめできるフィギュアだと思います。

ホットトイズからは1/6スケールでこのバトルダメージ状態を再現したフィギュアも発売予定なので、こちらの発売も期待したいです。ただ、もうロバートダウニーJr氏演じるトニーに会えることはもうないのが悲しいですね・・・。

それでは短いですが今回はこれにて。





ホットトイズ アベンジャーズエンドゲーム コスベイビー一覧(あみあみ)
ホットトイズ アイアンマンマーク85BD(楽天)
ホットトイズ アイアンマンマーク85 あみあみ 楽天 駿河屋

関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます