ホットトイズ DIECAST アイアンマンマーク7 レビュー 前編 - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ DIECAST アイアンマンマーク7 レビュー 前編

missile01 
今回はホットトイズ DIECAST アイアンマンマーク7 レビューです。今回は前後編に分けます。

 



ホットトイズのダイキャストシリーズのアイアンマンマーク7のレビューです。アイアンマンマーク7はアベンジャーズ公開に合わせて一度発売されており、今回のものは近年のダイキャストシリーズでのリニューアルプロジェクトとして発売されました。すでにマーク2、3、4、5、6まで発売されており、大きく形状の違うマーク1を除けば通常スーツの最終リニューアルとなるので、どこまで作りこまれているのか気になります。

それではレビューを始めます。



(全体像)
top01
m01m02  top02
全長はダイキャストマーク4、5、6とほぼ同じ身長ですが、シルエットは前バージョンより劇中に近づいて造形されていました。内部構造はわかりませんが外から見る限りはマーク4や6との共通パーツはなく、ほぼ新規パーツが使用されているようでした。全身のカラーはほかのダイキャストアイアンマンと比べて光沢を抑えており、劇中では暗めに見えることもありこちらのカラーのほうが劇中イメージに近くなりました。

ダイキャストマーク6との比較
hikaku 
ダイキャストマーク6と比較。写真では少しわかりにくいかもしれませんが、マーク6に比べてマーク7は全体が光沢を抑えたカラーが施されていました。またほとんどウェザリング塗装も施されていなかった旧マーク7と違って、ダイキャストマーク7は全体にわたって施されている点も違いました。



(各部)
h01h02h03 h04h08h06
ヘッドはマーク4や6からの流用ではなく、新規造形されており旧マーク7よりも劇中ヘッドに近くなりました。カラーはレッド部分はマーク6などよりも光沢を抑えてありましたが、一方で顔のゴールド塗装はマーク6よりもマーク46などに近い鏡面仕上げに近い光沢の強い塗装が施されていました。側面後面ともに、各部モールドの形状など細かいところまでこだわって再現されていました。



b01b02b03
胸部は前バージョンよりも形状が改良されており、より角ばった形状に変更されていました。胸部や二の腕部分のゴールドカラーは、ヘッドとは違って光沢を抑えた塗装が施されていました。

b05
腕部分は肩、二の腕にダイキャストパーツが使用されており、腕にも全体にわたって軽微な汚し塗装が施されていました。

b25
背中には計4枚のフラップが備わっており、クローズ状態では隙間が少なくぴったりと背中に沿わせて収納が可能でした。

b07
腹部はプラスチック製パーツが使用されており、分割線の周囲にも細かいウェザリング塗装が施されていました。

b09b10
腕外装やハンドは塗装により質感は問題なく、前バージョンでは軟質素材が使用された肘内側部分もダイキャストパーツにより劣化の心配はなくなっていました。また、腰パーツやフレアランチャー、フラップの造形塗装ともに不具合なく再現されていました。



b12b13b14
太ももはマーク4、6と同様に交換パーツや可動部分以外は大部分ダイキャストパーツが使用されており質感も十分で、ゴールドカラー部分には焦げたような状態を再現した塗装がリアルに施されていました。

b21
下半身後方の造形も問題はなく、太腿には後方にも全体にわたってウェザリング塗装が施されていました。

b17 (1)b17b24b23 
ひざより下の部分も大部分がダイキャストパーツが使用されており、足先にわたって砂などがはねたような軽微なウェザリング塗装が施されており質感も十分に再現されていました。

(オプション)
hands05hands03handshands02
ハンドは本体付属の握り、可動指、リパルサー光線発射装置ライトアップ用、レーザーカッター照射時の計4種類8個付属しました。

バトルダメージ・トニーヘッド

名称未設定t02t03
今回はトニーヘッドが再現されたマスク開閉可能のバトルダメージヘッドが付属していました。トニースタークのヘッド造形はマーク46付属のものに近いと見えましたが、額や口にロキに攻撃された際の擦り傷や打った際の内出血のようなダメージ塗装が詳細に施されていました。
また、今までのトニーヘッドでは再現されなかったマスク下部左右の構造を、金属パーツを用いて再現できていました。

t05t06t07 
マスクは、通常版にはなかったバトルダメージ状態が、左右に特に多く造形と塗装両方で再現されていました。

マスクあり
bd01bd02
バトルダメージマスクもキズが造形で再現されており、こちらのゴールドカラーの塗装も通常版のよりも光沢も抑えてられて差別化されていました。
マスクのみは通常ヘッドにも取り付けることはできますが、このダメージ状態ヘッドでライトアップには非対応なのは残念でした。


バトルダメージ、スーツポッドモード再現用パーツ
d01
それぞれの形態を再現するために、バトルダメージ肩パーツ左右、交換用肩パーツ、射出ポッド再現用パーツがそれぞれ付属します。

d02
肩のミサイルランチャー展開状態を再現した交換用パーツが付属します。ミサイルの形状やハッチの裏側の造形など細かく再現されていました。中央部分はヒンジで繋がっているため後方を上下に可動しますが、シルバーのミサイルハッチは非可動でした。

d03
肩パーツには造形と塗装で、バトルダメージが再現されていました。

d05
スーツポッドモード用パーツが2つ付属し、ポッド本体接続やレーザーエフェクト接続等に使用します。


ミサイル発射装置&太腿交換用パーツ
d08
バトルダメージ状態再現のための太腿パーツ×2、両腕のミサイル発射装置展開再現パーツ、背中のライトアップスイッチを隠すためのカバー(バトルダメージ用)が付属します。

スーツポッドモードパーツ(ライトアップ対応)
p01p03 (1)p03p04
スーツポッドモードに組み替える際に正面に使用するパーツが用意されています。全体にウェザリング塗装が施されており、質感も申し分ありませんでした。

p07
スーツポッドに組み替える際に使用するこれらのパーツは二つに分離でき、リアクターがあるほうのライトアップ機能を操作することができます。

太腿武器展開パーツ、ドローン用脚d10
武器展開時の太腿交換パーツ×2、ドローン形態時の脚パーツ×2が付属します。


レーザーエフェクトパーツ
d12
マーク7の専用ハンドやスーツポッドモードのレーザー照射に使用できるクリアーパーツ製のエフェクトパーツが2つ付属します。

 
(各モード)
(武装モード)
top03top04 
  前バージョンでもできましたが、各部を換装することにより装着した武器の展開状態を再現できます。前バージョンでは腕ごと取り換える仕様だったのですが、今回は腕のレーザー照射装置はハンド単体に接続されている仕様になっていました。


f02f04f21 (1)
腕にはミサイル発射装置、手はレーザー照射装置付きハンドを使用して武装を装備できます。どちらもダイキャストマーク6等の使いまわしではなく新規造形で、前バージョンよりも詳細に作りこまれていました。

f08f10
太腿展開状態は前バージョンよりも造形が詳細に再現されており、周りにウェザリング塗装も施されていました。

f12f14
肩のミサイルランチャーは、ミサイルが並ぶ形状を前バージョンより細かく再現できていました。



f16f20
レーザーエフェクトパーツは、腕のレーザー照射装置にそれぞれセットできます。

 

バトルダメージ状態 
top05top06
劇中では核ミサイルを運び終えた後地球に落下してくる際の武装を切り離した状態です。以前はこの状態単体でフィギュアが発売されていましたが、今回は換装で再現できるようになっています。前バトルダメージ版は全体がかなり焦げたような赤黒い色になっていましたが、今回は換装タイプということもありカラーは全体的に明るめになっていました。

bd06bd12bd10
頭部のダメージ具合はサンプルほど細かくはないですが、前バトルダメージより細かく再現されていました。肩のダメージも前バトルダメージ版ほどキズは大きく再現されてはいませんが、前バージョンは少し大げさにダメージ状態を再現していたので、劇中と比べてもそこまで違和感はなく仕上がっていました。
bd14
胸部のダメージ再現はサンプルほど細かくはないものの造形と塗装で概ねは再現されており、胸部左右部分のダメージ塗装が綺麗に施されていました。前バトルダメージ版と比べるとダメージ具合が軽度ですが、塗装品質ははるかに向上しているのでこれでも十分に見えました。

bd20bd25bd26
太腿パーツの交換により、その部分のウェザリング塗装も見事でした。


bd27 
肩部パーツを取り外した部分の造形も再現されており、前バージョンのように右肩下にスイッチがないので見栄えもより良くなっていました。

スタンド
stand01
今回のスタンドはマーク6までとは違ってフレキシブルピラーの支柱が使用されており、ダイキャスト以外のフィギュアの支柱よりも太いものが使用されていました。

stand03
今回からクリップの形状が改良されており、クリップ下のパーツが伸長されフィギュアの股下に設置してしっかりと支えられるようになっていました。それによりアイアンマンの浮遊状態をより安定してディスプレイできるようになっていました。

stand02
台座は以前レビューしたターミネーター1T-800バトルダメージ版の流用に近いですが、関係のない以前のカイルリースの使用したダイナマイトは省略されていました。地面に落ちた血の再現などはなく、全体の塗装もカラーも変更されていました。


残念ながら時間の関係で、今回はここまでになります。後半はギミック、可動性、スーツポッドモードなどに続きます。

それでは一旦はこれにて。

※追記
後編できました
ホットトイズ DIECAST アイアンマンマーク7 レビュー 後編


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます