ホットトイズ アクセサリー・コレクション 『アベンジャーズ/エンドゲーム』 1/4スケールレプリカ ナノ・ガントレット(ハルク版) ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ アクセサリー・コレクション 『アベンジャーズ/エンドゲーム』 1/4スケールレプリカ ナノ・ガントレット(ハルク版) ミニレビュー

top00
今回はホットトイズ アクセサリー・コレクション 『アベンジャーズ/エンドゲーム』 1/4スケールレプリカ ナノ・ガントレット(ハルク版) ミニレビューです。

 



(全体像)
n01
n03n04n06n08n10 
全長は台座を合わせて約22センチでインフィニティガントレットよりも大きく、全体にメタリックレッド、シルバー、ゴールドでの塗装が精密に施されていました。サノスのインフィニティガントレットは左手でしたが、こちらは右手用の形状になっています。


(各部)
p01p02p04p06p13
指部分は関節部がゴールド、それ以外はメタリックレッドで塗装されており、細かい造形や質感も十分でした。わずかにメタリックレッド部分にウェザリング塗装があるようですが、ゴールド部分はサンプル画像ではスミ入れされているように見えますがそれは施されていないようでした。

p15p17p19
手首部分の塗装や造形も同様に細かくなされており、こちらはウェザリング塗装もなく高い光沢を再現していました。こちらも指と同じくサンプル画像ではみられたスミ入れはほとんど施されていないようでしたが、そこまで気にはなりませんでした。


(可動性)
m01m04m03
指は外側や回転は不可能ですが、前方に軽く握る程度曲げることができました。インフィニティガントレットでは可動部位がなかったこともあり、これだけでもプレイバリューは勝っていますね。

(ギミック)
l02l03 l05
インフィニティガントレットと同様に、クリアーパーツで造形されたインフィニティストーンが単四電池3個でライトアップできます。インフィニティガントレットと同様に、スイッチで常時点灯、下の台座のタッチセンサーでONOFFでき各ストーンが点滅する2モードが設定されていました。ライトアップはそこまで強くはないですが十分に発光できており、ストーン内部の輝きもなかなか綺麗に見えました。



 
(そのほか)
z01top00z02z04z05z06z08z09 
以上短めですが、ホットトイズ アクセサリー・コレクション 『アベンジャーズ/エンドゲーム』 1/4スケールレプリカ ナノ・ガントレット(ハルク版) ミニレビューでした。

 

 

(総評)
以前1/4スケールのインフィニティガントレットを購入したものの正直満足いくアイテムではなかったのですが、ナノガントレットは指が可動することもあり購入してみました。大きさもインフィニティガントレットよりも大きく全体のメタリックレッドやゴールドの塗装の質感が高く高級感があり、造形もメカニカルな構造を細かく再現しており見栄えが良かったです。ライトアップ機能も問題なく、やはり指が動くのでポーズを変えてディスプレイできるのがインフィニティガントレットよりも優れている点だと思います。

気になった点はサンプル画像であったスミ入れはほとんど施されていないので、その点が気になる人はいると思います。また大きいこともありますが値段がインフィニティガントレットよりも一万円高いので、その値段を許容できるならば購入を検討しても良いと思います。全体的にインフィニティガントレットよりも高級感があり指が可動できるのも優れているので、個人的にはインフィニティガントレットとどちらか選ぶならばこちらがおすすめだと思います。私は割引ありで買いましたが、やはりもう少し値段を抑えてくれるとよかったですね。

それでは短いですが今回はこれにて。




アクセサリー・コレクション エンドゲーム 1/4 ナノ・ガントレット(ハルク版) (あみあみ)
(駿河屋) (楽天)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます