バンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ 真骨彫製法 仮面ライダーオーズ ガタキリバコンボ ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

バンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ 真骨彫製法 仮面ライダーオーズ ガタキリバコンボ ミニレビュー

p05
今回はバンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ 真骨彫製法 仮面ライダーオーズ ガタキリバコンボ ミニレビューです。

 



(全体像)
g01g02g03g04
TVシリーズ「仮面ライダーオーズ」より、クワガタ、カマキリ、バッタのコアメダルを使用したオーズガタキリバコンボが真骨彫ブランドで発売されました。体型は基本となるタトバコンボとほぼ同じですが、クワガタのデザインを反映した頭部と胸部、腕部に新規パーツが使用されていました。



(各部)
f01f02f03f04
頭部はクワガタのデザインを反映した造形を再現しており、タトバコンボ同様にグリーンカラーにメタリック塗装が使用されていました。眼の造形もオーズとは違うオレンジカラーを再現しており、前バージョンより劇中スーツの造形に近くなりました。

b01b02b04
胸部のオーラングサークルには新規造形のカマキリのプレートが使用されており、タトバコンボのトラのプレート同様に着脱が可能でした。肩に近いグリーンのラインもタトバコンボと差別化されていました。

b06
オーズドライバーはタトバコンボと同一のもので、造形はめだった不具合もなくメダルも下まで押し込めばしっかりと保持することができました。

k01k02
腕部分は肩アーマーと前腕部のカマキリソード部分は新規パーツが使用されており、タトバと比べても大型化していました。

l01l02
脚部分はもともとタトバと同じなので変更もないですが、目立った不具合もなく仕上がりは良好でした。

タトバコンボと比較

c01c02c03
頭部のクワガタ部分のせいでガタキリバが少し背が高くなっており、腕のカマキリソードもわせるとタトバコンボよりも上半身は少し大きくに見えますね。

comp01
私の購入分ではオーズドライバーのオースキャナーセット部分の塗装が、タトバコンボではかなり雑だったのがガタキリバでは細かく仕上がっていました。



(オプション)
op01
ハンドは本体付属の握り、開き、メダル持ち手、持ち手、オースキャナー用右手が付属します。オースキャナーやメダル取り外しはタトバコンボと同じでした。

コアメダル
medal01m01
コアメダルは、クワガタ、カマキリ、バッタが付属します。この写真では見えにくくてすいませんが、表にはそれぞれの昆虫を模したマークが、裏面にはそれぞれ1、2、3本のラインが小さいですが造形されていました。

op02 
カマキリソードは手に持たせるものが二つ付属し、足には交換用のバッタレッグが付属していました。

leg01
ガタキリバの足パーツを取り外して、バッタレッグを取り付けることができます。
tetr
カマキリソードを手に持たせる際には、前腕部に取り付けてあるソードを取り外して装備できます。

コンボチェンジでタカキリバとガタトラバ
p13
タトバコンボと同様にガタキリバもコンボチェンジに対応しており、両方を使用してタカキリバとガタトラバを再現することができます。以前のフィギュアーツシリーズではそれぞれのコンボが個々に発売されていたので、今後出ると思われるタジャドルなどと合わせてさらに派生コンボと組み替えられる点はこの真骨彫の最大のメリットですね。


なお可動性はタトバコンボとほぼ同じなので、そちらのレビューを参照願います。

バンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ 真骨彫 仮面ライダーオーズ タトバコンボ ミニレビュー

 


(そのほか)
p21p25p23p27p28p11

p01p02p20p05p07p09p10run01jumpp14p15
gatatorata 
タカキリバやガタトラバのように、ガタキリバの派生コンボのほうが劇中活躍機会が多かった印象がありますね。一方ガタキリバはTwitterのコメントではこの分身でウルトラマンネクサス全シリーズ分の予算が吹っ飛んだという情報もあり、登場回数が少なかったのは予算の問題だったのかも。

dd01 jump02
kick01

以上、バンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ 真骨彫製法 仮面ライダーオーズ ガタキリバコンボ ミニレビューでした。

 

 

(総評)
評判の高いタトバコンボをベースにして造形されており、以前のフィギュアーツ版より劇中イメージに近くなったフォルムとカラーリングと高い可動性を兼ね備えていました。カマキリソードを持たせたポーズにも対応でき、さらにタトバコンボがあるとタカキリバやガタトラバなどにも組み替えることでプレイバリューがさらに向上する点も良かったと思います。タトバコンボと同じ部分は目立った変更点はないようでしたが、腰のオースキャナーのスロットル部分の塗装がより精密化されていたのも良かったと思います。

今後はラトラーターが発売予定ですが、タジャドルやシャウタ、サゴーゾ、そして多分組み換え対応するかはわかりませんがプトティラにも期待したいですね。

それでは短めですが今回はこれにて。




bnr_shfss_krooo_latorartar_600x163bnr_shf_ankh_human_600x163
S.H.Figuarts(真骨彫製法) 仮面ライダーオーズ ラトラーター コンボ
S.H.Figuarts アンク(人間態)2/24予約受付終了
TAMASHII Lab アンク2/24予約受付終了

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます