バンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ 真骨彫製法 仮面ライダークウガ マイティフォーム (ディケイドVer.) ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

バンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ 真骨彫製法 仮面ライダークウガ マイティフォーム (ディケイドVer.) ミニレビュー

kuugatop
今回は発売から期間が空いてしまいましたが、バンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ 真骨彫製法 仮面ライダークウガ マイティフォーム (ディケイドVer.) ミニレビューです。

 



(全体像)
kuuga01kuuga02kuuga03kuuga04 
仮面ライダークウガマイティフォームの真骨彫製法版はすでにクウガ版が発売されていましたが、今回は仮面ライダーディケイドに登場したクウガ(小野寺ユウスケ)版としてのリリースとなっていました。残念ながらクウガ版を持っていないので直接比較はできませんでしたが、胸部や腕のレッド部分のカラーがメタリックレッドに変更されているようで、そのほかの外見はほぼクウガ版と同じ造形のようでした。



(各部)
h01
h02h03h04
h06 (1)h07 
ヘッドは通常版と同じと思われますが、以前出たクウガよりも劇中のデザインにぐっと近くなっており、ほぼイメージ通りに再現されていました。


z01z02z03z4
胸部のアーマーはメタリックレッドで塗装されており、光沢や質感も十分でした。首周囲のゴールドカラーの光沢は控えめですが、胸部下にもある古代文字(リント文字?)も詳細に再現されていました。


 
r01r02r03r04r07r08
腰のクウガのベルト「アークル」は、さすがにコンプリートセレクションのものほど細かい部分は再現されていませんが、ベルト中心のクリアーパーツ内のモールドや側面の細かい造型やカラーについてもできる限り再現されていました。


handsssi
asi05asi01asi03 
脚部分は膝あてと踝以外はシンプルなつくりで、劇中のイメージに近く作られていました。


(オプション)
hands (1) 
ハンドは、開きが3種類、サムズアップ右手の計7つ付属します。 オプションパーツはハンドパーツのみでした。


(可動性)
a01a02a03a04
ヘッドは前後左右に45度ほど可動部位があり、回転も360度可能な可動域を有していました。

a05
肩アーマーはヒンジで腕より浮かせることができ、胸部や腕自体の可動域に干渉しにくくなっていました。

a07
肘は約150度曲げられ、腕は前後に360度回転が可能でした。

a08
腕は肩部を軸に360度回転が可能でした。ただ最新の真骨彫オーズなどとは違って引き出し機構はなく、あまり腕を前方に移動させることはできませんでした。

a10a12
腹部は胸部を上に引っ張ると上に伸ばすことができます。

a20a22
伸ばした状態で、前後に40度ほどの可動域がありました。

a23a25
胸部は左右に35度ほど、左右には無理すれば360度回りそうですがベルト等も擦れそうなので注意が必要でした。

a30a40
脚は引き出し機構等はないものの、前方には90度、ひじは120度曲げることができました。左右にはそれぞれ70度ほどまでは十分に可動域がありました。また足は前後左右に可動域を有しているので、接地性は高めでした。


 


(そのほか)
pose06hen01hen02hen03dasz

 pan ki01
poze20
くうが001

double01
zero
平成ライダー第一作と令和ライダー第一作と。

pose10double02
真骨彫ディケイド通常版は買っていなかったので、ネオディケイドライバー版と一緒に。ネオ版は激情態ヘッドなしやボディのカラーリングの問題などあったので、通常版を再販してほしいです。ただコロナ感染拡大の影響もあり、もしできてもいつになることやら・・・。

kuugatop 
以上バンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ 真骨彫製法 仮面ライダークウガマイティフォーム (ディケイドVer.) ミニレビューでした。

 

 

(総評)
今回のクウガは実質は通常版の再販ですが、最新のオーズなどよりも可動域は狭めなものの造形はRAHに近いフォルムを8インチで再現しており、高い可動性と見栄えが良さを兼ね備えていました。オプションパーツはハンドしかないものの劇中でもマイティフォームには武器がないのでさほど問題とは思えませんが、できれば攻撃のエフェクトパーツが一つでも追加されているとさらに良かったですね。

最近は12インチのメディコムトイのRAHシリーズでもライダーフィギュアのリリースはないので、実質可動仮面ライダーフィギュアの決定版はこの真骨彫シリーズという位置づけになりそうですね。 胸部等のメタリック塗装が通常版と違いますが、それが気にならなくて通常版を持っていない人にはおすすめできる出来だと思います。

すでにクウガはマイティ、ライジングマイティ、アメイジングマイティ、アルティメットフォームがすでに真骨彫シリーズ発売されており、ドラゴン、ペガサス、タイタンとそれぞれのライジングフォーム、ライジングアルティメットは未発売になっています。現時点でドラゴンらのフォームが出ることはあまりなさそうですが、ディケイドの映画で初登場したライジングアルティメットもいつか真骨彫化されたらいいですね。

真骨彫シリーズは次は電王ソードフォーム、オーズタジャドルコンボの発売が控えていますが、先日発表のゼロノスなどあり期待したいですね。※ゼロノスではなく電王プラットフォームでしたすいません

それでは今回はこれにて。



S.H.Figuarts 仮面ライダーゲンム ゾンビアクションゲーマーレベルX-0
S.H.Figuarts 仮面ライダーメタルビルド
S.H.Figuarts 仮面ライダーゼロワン シャイニングアサルトホッパー
S.H.Figuarts(真骨彫製法) 仮面ライダー電王 プラットフォーム

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます