ホットトイズ ムービー・マスターピース ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 ゲラート・グリンデルバルド トイサピエンス限定版 レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ ムービー・マスターピース ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 ゲラート・グリンデルバルド トイサピエンス限定版 レビュー

gtop
今回は発売から時間が経ってしまいましたが、ホットトイズ ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 ゲラート・グリンデルバルド トイサピエンス限定版 レビューです。



(全体像)
g01g02 kai01 kai02
ホットトイズより映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」より、ゲラート・グリンデルバルドのフィギュアが発売されました。
グリンデルバルドは一作目にも登場していたものの出番は少しでしたが、2作目では本格的に登場した闇の魔法使いです。
フィギュアでは劇中の一場面での衣装を採用しておりサンプルより目立った劣化はなく、ジャケットをまとった姿でのプロポーションも劇中より少し大きく見えますがそれほど違和感があるほどでもなくまとまって見えました。



(各部)
x01 x02x03

x05x10f08
ヘッドは今まで数多くのジョニー・デップ氏のフィギュアを製作したホットトイズだけあって、顔の造形は彼によく似ています。写真ではちょっとわかりにくいかもしれませんが、劇中通りに眼の色が右と左で違うところもしっかりと再現していました。
サンプルではもう少し肌の白色が薄めに見えましたが、劇中では結構白く見えていたのでこの塗装で問題はないと思われます。髪の毛も側面の刈り上げの表現もなかなか凝っていてリアルに再現されていました。

一方劇中やサンプルではよりツンツンしていた髪の毛は先端が少し丸みを帯びて造形されているので、できればサンプルのように尖っても良かったかもしれません。

b01b02b03
身にまとったコートは体型によくフィットしており、各部のボタンやプリーツなども不具合なく仕上がっていました。裏地もグリーンの生地が再現されており、しっかりと縫い付けられているので着脱時にも端から糸がほつれたりすることはありませんでした。首の下には目立ちませんがスカーフも着用していました。

back
ac01
コートの裾にはワイヤが仕込まれており、コートの形状をある程度変えることができました。
kai01 (1)
l02
コートは脱がせることができ、コートに隠れている背面の衣装も手抜きなく再現されていました。

b04
l03
上半身には劇中通りベストを身に着けており、下部のボタンを紐で止めた形状も細かく再現されていました。ベスト左上には金具があり、ペンダントをセットできるようになっていました。

l04
腹部にはベルトを三つ重ねて身に着けたような変わった形のコルセットを身に着けており、サンプルでは暗い色だったバックル部分はゴールド塗装に変更されていました。左胸下に付けてある牙?のようなアクセサリーも小さいながらチェーンで取り付けられており、細かく造形及び塗装が施されていました。

asho02
脚のパンツはレザー(人工皮革)製のようで表面の見栄えも良く、腰からから膝あたりまで素体にぴったりとなるように縫製されていました。

ashi01
脚のブーツは紐が別パーツではないものの形状やカラーは違和感なく再現されており、足首部分で分割されているので前後左右の動きにも対応していました。



(オプション)
o01
ハンドは本体付属の開き×2に加えて、パイプ、スカルの持ち手、魔法の杖を持ったハンドの計6個が付属しました。

x100
グリンデルバルドの魔法の杖と、ダンブルドアとの関係がある劇中のカギとなるペンダントが付属します。

スカル
d20d22 (1)d22 gg01
劇中で使用したパイプをつなげたスカルが付属し、頭部の文字やくぼみや歯など細かい造形や塗装が施されていました。頭の後ろにはパイプを取り付けることができ、これはライトアップ対応スカルにも付け替えることができました。


ライトアップ対応スカル
d01d02d03d04d05d10d11
通常のスカルとは別にライトアップ対応スカルも付属し、裏のスイッチによりドクロは白色に発光することができます。ただ劇中や製品説明では黄色にライトアップされるとのことだったので、ちゃんと黄色に光るようにしてほしかったですね。

スタンド
st01st02
スタンドは支柱は通常のものが使用されており、正面にはネームプレートと台座上面には劇中の道?が再現されていました。

(ボーナスアクセサリ)
オーグリー
t01t02t03to5
オーグリーは、可動部位はないものの頭部の触角?や本物の鳥の羽を染めて使用している尾など、しっかりと作りこまれていました。ただこの鳥は劇中ではニュートとの場面はありましたがグリンデルバルドと登場したシーンはなかったと思うので、グリンデルバルトに付属させるならフェニックスのほうが良かったような気もします。


(可動性)
a01a02a04
ヘッドと首が一体になっているので前後左右の可動域は低くはないものの30度ほどで、回転は360度可能でした。

a05
腕はジャケットの干渉も少ないので真上に上げることができ、ひじも150度ほど曲げることができました。


a06
a09
腹部は前方には30度ほど曲げることができますが、後方にはほとんど反らせることはできませんでした。上半身は左右には20度ほどまでなら傾けられますが、左右の回転は腹部のコルセットもあるせいか20度ほどでした。

a10a13
脚はレザー製のパンツのため、前には45度、後ろには30度、左右には35度ほどの可動域でした。一方足は前後左右に可動域があるので接地性もそこそこありました。
ただ劇中でもこの姿で激しいアクションなどはなかったと思うので、劇中のポーズをとらせるにはあまり問題はないかと思われます。




(そのほか)
v06v03v04v08v07v10v09v01

zz01zz02v02
オーグリーはニュートとのほうが劇中にあっていると思われるので、グリンデルバルドとはなしで。

以上、ホットトイズ ムービー・マスターピース ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 ゲラート・グリンデルバルト トイサピエンス限定版 レビューでした。



(総評)
よかったところ
全体のプロポーション、衣装の再現等は精巧に仕上がっていた
ヘッドは演じるジョニー・デップ氏の顔をよく再現しており、サンプルより白くなり劇中に近くなっていた
魔法の杖、スカルとパイプなど、劇中を再現できるアイテムが付属

気になったところ
ヘッドの髪の毛の形状が少し丸くなった
ライトアップのスカルは劇中や商品説明の黄色ではなく白くライトアップされた

ホットトイズのフィギュアの中ではもっともフィギュア化が多いと思われているジョニー・デップ氏の最新フィギュアということもあり、顔の造形は洗練されてよく似ており塗装品質も良かったです。衣装も劇中に近く再現されてプロポーションもまとまっており、コートの裾にはワイヤが仕込まれており少しですが形状を整えることもできました。スカルがライトアップもできる2種類が付属しており煙草も付属していました。

気になった点は、頭部の髪の毛がサンプルより丸みを帯びているのが気になりました。あとライトアップ対応スカルは、なぜか劇中や商品説明とは違って白くライトアップされるのが残念でした。最後にボーナスアクセサリのオーグリーですが、グリンデルバルトと登場したのはフェニックスのほうだったと思うので、そっちのほうが良かったかもしれませんね。

グリンデルバルトはこの姿での劇中のポーズを取らせるには問題はないので、グリンデルバルドの1/6スケールフィギュアが欲しい人は購入を検討しても良い出来だと思います。限定版はオーグリーが付属していますが劇中でゲラートとの関りは薄くどちらかといえばニュートのほうが濃いので、ニュートも購入している人はいいですがゲラートだけ購入する人は現在は値段が下がっている通常版でも十分と思います。

今後ホットトイズからのフィギュアリリースは不明ですが、あと3作作られるならばどこかの機会で新規フィギュアが出そうですね。

それでは今回はこれにて。




ホットトイズ ニュート・スキャマンダー (駿河屋) (限定版)
ホットトイズ ゲラート・グリンデルバルド (駿河屋)(限定版)
ホットトイズ ニュート・スキャマンダー(中古)(あみあみ)
ホットトイズ ゲラート・グリンデルバルド(中古)(限定版)(あみあみ)



(関連レビュー)
ホットトイズ ニュート・スキャマンダー(トイサピエンス限定版)
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます