S.H.フィギュアーツ ストリートファイターV バルログ ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

S.H.フィギュアーツ ストリートファイターV バルログ ミニレビュー

p04
今回は相当に遅れましたが、バンダイ S.H.フィギュアーツ ストリートファイターV バルログ ミニレビューです。

 



(全体像)
top01top02 
ba04ba05 
すでに四天王であるサガットが日本でも発売しましたが、今回はバルログのレビューになります。バルログはストリートファイター2の四天王戦の二番目に登場したスペイン代表のストリートファイターで、初代スト2では最速の移動速度を誇り他のキャラにはない背景の金網に上ってからのフライングバルセロナアタックなどトリッキーな動きも脅威でしたね。今回のフィギュアは最近のストリートファイター5のデザインからフィギュア化されておりゲームのイラストよりは太ももが大きめですが、ゲームの画像とみるとイメージは損なわれずにフィギュア化されていると思います。



(各部)
h01h02h03
マスクを被ったバルログおなじみの顔の造形はほぼイメージ通りで、マスクの下の目もどの方向から見てもはっきり見えるのも良かったです。

h04
頭髪は二か所の可動部位があり、上下左右に可動域があるので動きにあわせて調節することができます。

 

b01b02b03
細身ながら引き締まった胸部の筋肉は陰影を塗装で施されており、腕輪や蛇の入れ墨もミスなくプリントされていました。

b04
背中にも蛇の入れ墨の続きがちゃんとプリントされており、筋肉の造形も陰影も迫力あるものに仕上がっていました。


k03k02k01
腰巻の帯は二か所に可動部位があり、バルログのポーズに合わせた調整が可能でした。腰巻は左右に回転することができました。

s01s02
脚は少し荒い面もありましたが膝下から上にブルーとイエローの塗装でパンツを再現されており、膝より下はホワイト塗装で再現していました。靴は汚し塗装等はないですが、形状もブラウンカラーの塗装ミスもなく良好な仕上がりでした。



(オプション)
hands
本体付属のハンド以外に、5種類にハンドが付属します。

w01w02
右手の爪は着脱が可能で、他のハンドを使用時にそれぞれセットすることができます。

素顔ヘッド
g01g02g03
設定上はイケメンだけどナルシストで自分以外の美しいものは許せないようなゆがんだ性格だった気がしますが、悪くはないですがもっとイケメン修正入っていてもよかったですね。

actiona

マスクは取り外すことができ、少し保持性は低いですが手に持たせることもできます。


フェンス
saku01saku02
フェンスは2枚付属し、横と縦の二種類に連結してディスプレイすることができます。

backpaper
バルログの戦闘ステージがプリントされた背景紙が付属し、横に並べてディスプレイできます。


(可動性)
aca
ヘッドは前方には首パーツと連動して深く曲げることができます。

acb
後ろの髪は二つに分割されており、それぞれジョイントで接続されているので前後左右に可動域がありなびいた髪の動きを再現できます。


ac01ac02
ヘッドは横には約45度、左右には360度回転が可能でした。

ac03
腕は前方には肩には引き出し機構などはないのでより体の正面に腕を移動はできませんが、胴体の可動域も広いので戦闘ポーズをとらせるにはあまり障害はありませんでした。横には約90度の可動域がありました。

ac06
肩の関節はかなり腕に動かせるので、真上に腕を上げることができます。

ac07ac09
腹部は前方には45度、後方には30度の可動域がありました。

ac08
左右には20度ほどの傾かせる可動域がありました。


ac11
腹部は左右に60度ほど回転が可能でした。

ac12
脚は引き出し機構などはありませんが、前方には100度ほどと膝は120度の可動域がありました。靴の先は約30度ほど上げることができました。

ac14
脚は前後にも180度ほど開脚が可能でした。

ac13
脚は左右には180度開脚が可能でした。

 
w03
腰巻の布は二か所の可動部位があり、バルログの動きに合わせた位置に移動させることができます。 


(そのほか)
posel
p001

p02p03p04p05p06ap07p09barloglast

p10
以上、バンダイ S.H.フィギュアーツ ストリートファイターV バルログ ミニレビューでした。

 

 

(総評)
ストリートファイター系のフィギュアはベガを購入していましたが、バルログはストリートファイターの四天王ではもっとも好きなキャラだったので購入しました。フィギュアはスト5のデザインに準拠しているので今風にアレンジされていますがほぼシリーズに共通するイメージはとらえており、各部の筋肉や服などの塗装もしっかりとなされていました。ゲーム内のポーズを再現できる高い可動性を持ち、有名な技のポーズはほぼ再現することができました。特に髪の毛や肩の可動域は高いので、ブラッディハイクローなどのポーズにも十分に対応できました。マスクや爪の着脱も可能で、ゲーム中での武器やマスクが外れた状態も再現できます。オプションの金網は専用ステージでのフライングバルセロナアタック前の上るシーンを再現することができます。

気になった点は素顔はもっとイケメンでもよかった気やエフェクトパーツなどあると必殺技ももっと映えそうですが、値段の価値は十分にある完成度でした。初期のスト2のバルログではありませんがそのころから最新の技まで難なくとれる高い可動性があるので、様々なゲームのポーズでディスプレイしたい人にはおすすめのフィギュアだと思います。

フィギュアーツのストリートファイターのフィギュアはすでにサガットが配送されていますが、その後のフィギュアーツの情報は出ていません。さすがにバイソンは売れそうにないからやめているのかもしれませんが、少しずつでも出してほしいですね。


それでは今回はこれにて。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます