バンダイスピリッツ S.H.Figuarts キャプテンアメリカ-《FINAL BATTLE》EDITION-(アベンジャーズ/エンドゲーム)ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

バンダイスピリッツ S.H.Figuarts キャプテンアメリカ-《FINAL BATTLE》EDITION-(アベンジャーズ/エンドゲーム)ミニレビュー

actionp 
今回は、S.H.Figuarts キャプテンアメリカ-《FINAL BATTLE》EDITION-(アベンジャーズ/エンドゲーム)ミニレビューです。

 



(全体像)
actionmactionnactionoactionp
バンダイスピリッツのフィギュアーツブランドより発売されたキャプテンアメリカ(ファイナルバトル版)になります。通常版を持っていないので比較はできませんが、全身のカラーは通常のキャップのスーツのブルーでなくグレーよりのカラーで、全身にわたってウェザリング塗装が施されていました。
 


(各部)
h01h02h03h04
通常ヘッドの素顔のスティーブ・ロジャースはホットトイズまでの精巧さにはかなわないものの、デジタルプリントで塗装されておりこの大きさでは演じるクリス・エヴァンズ氏の特徴をよくとらえられていると思います。

b01b02b03b04d03
胸部のスターや肩のアベンジャーズエンブレムもしっかりと再現。両肩近くのバンドは造形のでの再現ですが、背中の金具などまで細かく作られていました。

d01
腹部は従来はホワイトとレッドカラーのスーツがより暗いカラーに変更されており、ベルトにも細かくウェザリング塗装が施されていました。



d04l01l03l04
脚のウェザリング塗装も、手抜かりなく全体にわたって施されていました。

(オプション)
head01
マスク装着ヘッドは通常と歯をくいしばった表情のものが付属しました。 首パーツは一つのみ付属するので、付け替えて使用します



ムジョルニア
muzyo
劇中でついにムジョルニアを使用したキャップを再現できるように、ムジョルニア本体と先端部を交換できるエフェクトパーツが付属していました。

effect01effect02 
さらに大型の電撃のエフェクトパーツが付属し、上部のパーツを取り外してセットするとムジョルニア使用状態を再現できます。

シールド用オプションパーツ
acac01


shi01
シールドは二種類付属し、通常のものと破損したものがありました。どちらも表面にウェザリング塗装が施されており、質感はなかなか高かったです。

shi02
シールドの後ろにはバンドが設けてあり、前述のオプションパーツと交換してシールド使用したポーズを再現できます。


shi03shi04 
中央部分のパーツを取り外して、専用パーツを用いることでシールドにシールドをセットできます。

shi05
専用パーツを使用して、シールドを投げる瞬間を再現できます。

shi06shi07 
普通に左腕にシールドをセットすることも、オプションパーツを使用して可能でした。



(可動性)
a01a02
ヘッドは首も分割されて動くので可動域は広めで、前方へあごを引くこともできアイアンマンほど上は向けませんがかなり上にも向けることができました。

a03a04
横には40度ほど、左右には360度の回転が可能でした。

a05
肩には引き出し機構があり、腕をより正面に移動させることができます。

a06
腕は横には約100度ほど、ひじは150度ほど曲げることが可能でした。前後には360度の可動域がありました。

a07a08
胴体の可動性は高く、特に後ろには大きくそらせることができました。

a09
左右には約45度ほどまで回転が可能でした。

a10
脚は前方には約100度、後方には30度ほど、膝は120度ほどで足先は60度ほど跳ね上げることが可能でした。

a11
脚は左右には合わせて150度ほど開脚が可能で、接地性はある程度の可動域はあるのでそこそこありました。 




(そのほか)
actiontactionc actionbactioni
actionpactionwactionba

短めですが、S.H.Figuarts キャプテンアメリカ-《FINAL BATTLE》EDITION-(アベンジャーズ/エンドゲーム)

ミニレビューでした。

 

 

(総評) 
今回のキャップは全身にウェザリング塗装が施されていることもあり、通常版のカラーとはかなり見た目が違いリアルに見えました。 ヘッドは素顔を合わせて3種類付属しており、背中、腕、手にそれぞれ装備できるシールドや、エフェクトパーツをセットできるムジョルニアなどオプションパーツが充実していました。これらを使用して、武器を使用した様々な戦闘ポーズを再現できます。大きさもありヘッドの精巧さではホットトイズには及ばないものの、ウェザリング塗装や高い可動性もあるのでひんぱんに動かしてディスプレイしたい人にはおすすめだと思います。

キャップのフィギュアーツはキャプテンアメリカアベンジャーズ版スーツが出る予定ですが、エンドゲームの最終決戦版はこれが最後かもしれませんね。クリス氏演じるキャップもエンドゲームで見納めの可能性が高そうですが、もし今後の作品に少しでも出る機会があるならばまだキャップのフィギュアも出してほしいですね。

バンダイでウェザリングや破損状態の再現をしたのは超合金魂マジンガーZダメージ版からだと思いますが、そのころに比べてウェザリング塗装や破損部位の再現などの処理もかなり向上してリアルになっていますね。今後はフィギュアーツだけでなくROBOT魂やメタルビルド等でもバトルダメージ仕様などこの塗装技術を取り入れていってほしいです。

それでは今回はこれにて。




フィギュアーツ キャプテンアメリカ Final Battle(ヤフー)(楽天)  (駿河屋)
S.H.Figuarts キャプテン・アメリカ ‐《CAP VS. CAP》 EDITION
bnr_shf_captainAmerica_ed_600x163

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます