ROBOT魂 <SIDE MS> MS-06R-1A シン・マツナガ専用高機動型ザクII ver. A.N.I.M.E. ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ROBOT魂 <SIDE MS> MS-06R-1A シン・マツナガ専用高機動型ザクII ver. A.N.I.M.E. ミニレビュー

sm01
今回はROBOT魂 <SIDE MS> MS-06R-1A シン・マツナガ専用高機動型ザクII ver. A.N.I.M.E.ミニレビューです。

 



(全体像) 

s001s02s03s04
機動戦士ガンダムのMSVとしてプラモデルなどで商品化されてきた、シン・マツナガ専用高機動型ザクIIがROBOT魂で登場。黒い三連星仕様の高機動型ザクIIを所有していないのでそれとの比較はできませんが、造形は近く見えました。全身のカラーはホワイト、グレー、ダークグレー?の三色で主に構成されており、サンプルよりグレーカラー部分が若干赤みが足らなく見えますが、それ以外はサンプル画像から違和感なく製品化されていました。


(各部)
h01h03
頭部は指揮官用のアンテナがある形状になっていました。ヘッドの造形も以前出たザクⅡと共通かもしくは近いものに見え、ザクⅡイメージに近く再現されていました。

s02 (1)
右肩のシールドにはシン・マツナガのエンブレムとナンバーが綺麗に印刷されていました。

s01 (1)
左肩にもシン・マツナガのエンブレムとスカイブルーのラインが再現されていました。

b01
胸部、腕部の造形も特に問題は見られず、各部のマーキングなども細かく再現されていました。
ba01 (1)
背中のバックパック部分の塗装や造形も不具合もなく良い仕上がりでした。


b03

l01l03l04l05
脚部分にはエンブレムとそれぞれのボタン等が印刷と塗装で綺麗に再現されており、バーニアや各部のマーキングも細かく施されていました。


(オプション)
o11 
ハンドは本体付属のものに加えて4種類左右が付属していました。ハンドを接続できる手首格納デッキも付属していました。

o09
予備アンテナ、バズーカマウントジョイントが付属します。

ザク・マシンガン、ヒート・ホーク、ヒート・ホーク(収納形態)

o01 
黒い三連星仕様のものと同じと思われるザクマシンガン、ヒートホークが二種類付属します。バズーカはシャア専用ザクⅡなどに付属するエフェクトに対応するようになっていました。ただ以前出たエフェクトセットのエフェクトは仕様できないのが残念でした。


バーニアエフェクト(直)、(角度付き)
op30
黒い三連星高機動型ザクⅡと同様に、バーニアや足裏にセットできるバーニアエフェクトパーツが接続部が直は4個、角度付きは6個付属しました。


(可動性)
a02a07a03
頭部は上に引き出すことができ、45度以上の可動域がありました。

a05a10
首を引き出した状態で、左右に30度ほど傾かせることができ、左右には360度回転が可能でした。

a11a12
肩は肩パーツと引き出し機構があることで腕を大きく正面に移動させる可動域がありました。

 

a13
腕は右はシールドの位置を調整すると90度上げられ、左右は約80度ほどまで上げられました。ひじは150度ほど深く曲げられ、腕は前後には360度の可動域がありました。

a16
腰のスカート部分は前方2枚、側面それぞれ一枚は上に可動域があり、脚を動かす際に妨げないようになっていました。


a26a26 (1)
腰は前後に可動域がありますが、これ以上曲げると私の購入分では少し動かすと胸部とのジョイントが一部外れてしまいました。その状態だと可動域はより向上するのですが、再度セットしにくかったのでこれ以上深くは曲げないほうがいいかもしれません。 あと背中のバーニアは上下左右に少し可動しました。

 

a28 (1)
腰は回転は約40度ほどでした。


a20
ac30
脚は引き出し機構があり、通常は100度ほどですが無理すれば前方に最大150度ほどまで上げることができました。
横には約80度ほどまで開脚することができました。


a22
脚のスタビライザー?は可動式で、約90度ほど上に可動域がありました。

a23a25 
脚はひざは約130度曲げられ、左右には約150度ほど開脚が可能でした。足は下に少し引き出すと前後左右の可動域も広く、接地性も高めでした。

ac31
足先は少し前方に引っ張ると可動域を拡張でき、上方向に30度ほど動かすことが可能になりました。

g01
頭部を取り外して、モノアイを左右に動かすことができます。

g05
バズーカは照準、持ち手二つがそれぞれ左右に回転できるようになっていました。

g06
マシンガンは持ち手が左右90度に可動し、マガジンも取り外すことができるようになっていました。

g03
op33
両腰には、ヒートロッドやザクマシンガンのマガジンを取り付けることができました。

gi03
シールドにはアクセサリーセットの爆発エフェクト等を取り付けることもできました。
 


(そのほか)
sm01sm05sm03名称未設定 (1)sm11

VSガンダム
sm10 
last01
 last02
名称未設定
ba04
ジムやボールを持っていないので、ガンダムを使用。ただガンダムのほうが強いと思うので、最後はこれで。

以上、短めですがROBOT魂 <SIDE MS> MS-06R-1A シン・マツナガ専用高機動型ザクII ver. A.N.I.M.E.ミニレビューでした。

 

 

(総評)
ガンダムのMSVでも有名なエースパイロットであるシン・マツナガ専用ザクということで、あまりROBOT魂は購入しないのですが今回購入しました。
造形は以前出た黒い三連星仕様のザク2ほぼ同じと思われますが、各部のマーキングなどを再現度高く印刷等で施されていました。可動性は、腰の回転や外れやすさ以外はかなり高い可動性を有していました。あとバーニアエフェクトパツが豊富につくので、これを使用して宇宙戦闘での高速移動状態をイメージしたディスプレイが可能でした。

気になった点は、オプションパーツは来月一般販売のジョニーライデン機のほうが多く、特に武器のエフェクトがこちらには付属していないのが残念でした。ジョニーライデンは射撃戦、シンマツナガは格闘戦が得意との設定なので、こちらには格闘戦用のエフェクトパーツを付属させてほしかったですね。

来月に出る一般販売のジョニーライデンザク2と造形はほぼ同じと思われ、レッドカラーでオプションが充実しているものが欲しいならばジョニーライデン版を、オプションは少ないがホワイトカラーがいいならばこちらを選べばいいと思います。逆にエフェクトはこちらでも流用できそうなので、両方揃えるとプレイバリューは上がりそうですね。

それでは短めですが今回はこれにて。

 


ROBOT魂  ジョニー・ライデン専用高機動型ザクⅡ ver. A.N.I.M.E. (amazon)
ROBOT魂  シン・マツナガ専用高機動型ザクII ver. A.N.I.M.E.(駿河屋)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます