「S.H.Figuarts 仮面ライダーダークキバ」代行レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

「S.H.Figuarts 仮面ライダーダークキバ」代行レビュー

DK16.jpg
大変遅くなりました。
今回「S.H.Figuarts 仮面ライダーダークキバ」代行レビューです。

(「S.H.Figuarts 仮面ライダーダークキバ」代行レビュー)

大変遅くなりましたが、
「仮面ライダーキバ」に登場した「仮面ライダーダークキバ」が
「S.H.フィギュアーツ」で登場です。

「仮面ライダーキバ」本編で「ダークキバ」は、
「キバ」の「過去編」で、
「キング=バットファンガイア」と「紅音也」が変身し、
「現代編」で、
「登太牙=仮面ライダーサガ」が変身していました。

「仮面ライダーディケイド」の
「ネガの世界」にも「ダークキバ」は登場し、
「紅音也」が変身して、
「リュウガ」・「オーガ」・「ダークカブト」達を引き連れて、
「ディケイド」に襲いかかりました。

「紅音也」役の「武田 航平さん」は、
NHK朝の連続テレビ小説「ウェルかめ」に出演し、
「超獣戦隊ライブマン」の
「天宮勇介=レッドファルコン」役の「嶋 大輔さん」と
親子として共演していました。

それではレビューです。


「Roots of the king」TETRA-FANG

※動画投稿者の方、ありがたく使わせて頂きます。


※ 本レビューには、
作品の設定と異なる写真がありますが、
飽くまで趣味として撮影した物なので、ご了承ください。

(全体図)
DK1.jpg
DK2.jpg
DK3.jpg
DK4.jpg

(付属品)
DK5.jpg
交換用手首(左右各4種)
ザンバットソード
ジャコーダー

(「ベルト」アップ)
DK6.jpg

(「キバットバットⅡ世」)
DK7.jpg
「キバットバットⅡ世」を、
フィギュア本体から取り外しできます。

(「マント」展開)
DK8.jpg
同シリーズ「仮面ライダーキバ エンペラーフォーム」同様、
背中の「マント」は、4つのパーツで形成され、
展開できます。

(「ザンバットソード」)
DK9.jpg
同シリーズ「仮面ライダーキバ エンペラーフォーム」に付属する物と異なり、
「ザンバットバット」の付いていない状態の
「ザンバットソード」です。

(「ジャコーダー」)
DK10.jpg
DK11.jpg
「仮面ライダーサガ」の武器である
「ジャコーダー」も付属します。

(「ザンバットソード」&「ジャコーダー」二刀流)
DK12.jpg

(変身!)
DK13.jpg

(キバット親子)
DK22.jpg
キバットバットⅡ世「俺が力を貸してやろうか?
俺ならお前を闇のキバにする事ができる。
そうすればあるいは勝ち目があるかもな」
キバットバットⅢ世「協力してくれるんだね!父ちゃん!」

(以下適当にポーズ等)
DK14.jpg
DK15.jpg
DK16.jpg
DK17.jpg
DK18.jpg
DK19.jpg
DK20.jpg
DK21.jpg

(ダークネスヘルクラッシュ)
DK23.jpg
DK24.jpg
DK25.jpg
DK26.jpg
キバットバットⅡ世「ウェイクアップ1!」
DK27.jpg
DK28.jpg
DK29.jpg

(「キバエンペラー」&「ダークキバ(紅音也)」フィニィッシュ)
DK30.jpg
DK31.jpg
DK32.jpg
DK33.jpg
DK34.jpg
DK35.jpg
DK36.jpg
DK37.jpg
ダークキバ(紅音也)「いくぞ!渡!」
キバ「うん!父さん!」

(キングスバーストエンド)
DK38.jpg
キバットバットⅡ世「ウェイクアップ2!」

(エンペラームーンブレイク)
DK39.jpg
タツロット「ウィクアップ!フィーバー!」
DK40.jpg
DK41.jpg
DK42.jpg
DK43.jpg

(「キバエンペラー」&「ダークキバ(登太牙)」フィニィッシュ)
DK44.jpg
タツロット「それじゃ~いきますよ~」
DK45.jpg
DK46.jpg
DK47.jpg
DK48.jpg
DK49.jpg
DK50.jpg
DK51.jpg
DK52.jpg
DK53.jpg

(攻撃をかわす「キバ」と「ダークキバ」)
DK54.jpg

(スネーキングデスブレイク)
DK55.jpg
DK56.jpg
DK57.jpg
DK58.jpg
DK59.jpg
ダークキバ(登太牙)「今だ!渡!」

(エンペラームーンブレイク)
DK60.jpg
タツロット「ウィクアップ!フィーバー!」
DK61.jpg
DK62.jpg
DK63.jpg
キバットバットⅢ世「キバれー!」
DK64.jpg
DK65.jpg
DK66.jpg

DK67.jpg
真夜「戦いなさい…
戦う事で、お互いの魂を感じなさい…
戦う事で…2人が1つになれるように…」
DK68.jpg
ダークキバ(登太牙)「いくぞ渡。」
キバ「うん、兄さん。」
う~ん、これでいいのだろうか?
よくわからん…

※「キバ」の紋章なんてないので、同シリーズの「マシントルネイダー」に付属する「魂STAGE」で代用しました。

(「仮面ライダーディケイド」の「ネガの世界」より)
DK69.jpg
ダークキバ(紅音也)「試させてもらうぜ、お前の腕を。」

(「ダークキバ」に苦戦する「ディケイド」)
DK70.jpg
ダークキバ(紅音也)「がら空きだぞ!」

(「ディケイドコンプリートフォーム」登場)
DK71.jpg
(逃げる「紅音也」)
DK72.jpg
天の声「一体あんたは何がしたかったの?」

(総評)

(長所)
カラーリングがかっこいいです。
「ザンバットバット」のない「ザンバットソード」だけでなく、
「ジャコーダー」が付属しているおかげで、
「バットファンガイア」・「紅音也」・「登太牙」
のそれぞれの変身した「ダークキバ」をイメージして遊ぶ事ができて良かったです。
「マント」が展開できるのも良かったです。

(短所)
同シリーズ「仮面ライダーキバ エンペラーフォーム」同様、
「マント」のせいで「魂STAGE」をフィギュア本体に取り付けできず、
ジャンプしている場面を再現させづらかったです。
こちらも「S.I.C.」版のように
「ブラディ・ローズ」を付属させてほしかったです。
そうすれば、
より「紅音也」が変身した
「ダークキバ」をイメージして遊ぶ事ができたと思います。



同月発売の「仮面ライダーキバ エンペラーフォーム」よりも、
こちらの「ダークキバ」の方に人気があるようで、
小売店でも「ダークキバ」の方が完売状態でした。

番組放送当時
「装着変身」で商品化されず残念に思っていたキャラなので、
今回の「S.H.フィギュアーツ」での商品化はうれしかったです。

今後もこのように、
商品化の機会に恵まれなかったキャラをどんどん立体化してほしいです。

それでは今回はこれまで!



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーサイクロンジョーカーゴールドエクストリームなど(魂ウェブ)
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーダークキバ
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーキバ エンペラーフォーム

関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます