「S.H.FiguartsEX ガードチェイサー」代行レビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

「S.H.FiguartsEX ガードチェイサー」代行レビュ―

gt35
今回は、「S.H.FiguartsEX ガードチェイサー」代行レビュ―です。


「仮面ライダーアギト」に登場する
「仮面ライダーG3」と「仮面ライダーG3-X」
の専用バイク
「ガードチェイサー」が
「S.H.FiguartsEX」で登場です。

それではレビューです。

※本レビューには、劇中の設定と異なる内容の写真が掲載されていますが、
飽くまで趣味として撮影した物なので、
ご容赦願います。


(全体図)
gt1.jpg
gt2
gt3
gt4


(付属品)
gt5
魂STAGE
(スタンドベース
支柱小 2本
ジョイント大 1個
ジョイント小 2個
クリップ挟み込みタイプ 1セット
クリップ差し込みタイプ 1セット
クリップ基部ジョイントタイプ 1個
クリップ基部スライドタイプ 1個)

(魂STAGE)
gt6
「魂STAGE」には、
「仮面ライダーG3」のシルエットが
プリントされています。
(分かりにくくてゴメンなさい…)

(センターコンソール)
gt7

(各ハッチ開閉)
各「ハッチ」が開閉可能です。
設定上は、
「スコーピオン」
「サラマンダー」
「デストロイヤー」
「アンタレス」
等の「G3」の各武器を
収納できますが、
今回、
「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーG3」
に付属する武器の内、
「デストロイヤー」
「アンタレス」
を収納できませんでした。
※アンタレスは収納できるそうです。確認出来次第写真を修正いたします。
ご指摘ありがとうございました


また、
「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーG3-X」
に付属する
「ケルベロス」も、
「リアバック」に取り付けできませんでした。

(「フロントハッチ」開閉)
gt8
gt9

(「リアハッチ」開閉)
gt10
gt11

(「リアバック」開閉)
gt12
gt13

(全「ハッチ」フルオープン状態)
gt14

(「前輪」アップ)
gt15
gt16
「前輪」の向きを変えられますが、
連動して「ハンドル」は動きません。


(「G3」「ガードチェイサー」騎乗状態)
gt17
gt18
gt19
gt20

(以下適当に何枚か)
gt21
gt22

(「スコーピオン」装備)
gt23
gt24

(「サラマンダー」装備)
gt25

(「アンタレス」装備)
gt26

(「デストロイヤー」装備)
gt27

(「デストロイヤー」収納不可)
gt28
G3「これじゃ持ってけないよ~」

(「アンタレス」収納不可)
gt29
G3「こっちもだめだ~!」
※収納確認出来次第修正します

(「スコーピオン」収納可…)
gt30
G3「入ったけど、ぶかぶかだ~」

(「G3-X」「ガードチェイサー」騎乗状態)
gt31
gt32
gt33
gt34

(以下適当に何枚か)
gt35

(「スコーピオン」装備)
gt36

(「ユニコーン」装備)
gt37

(「ガードアクセラー」装備)
gt38

(「ケルベロス」装備)
gt39
gt40

(「ケルベロス」取り付け不可)
gt41
G3-X「これじゃ載せられないじゃないか!」

(各「バイク」騎乗状態「アギト」・「G3」・「ギルス」揃い踏み)
gt42
gt43
gt44

(「バイク」騎乗状態「アギトトリニティ」・「G3-X」・「エクシードギルス」揃い踏み)
gt45
gt46
gt47
gt48
天の声「『アギトシャイニングフォーム』はまだか~!!」

(総評)

(長所)
「ガードチェイサー」の
重厚なイメージが、
きちんと再現されている点。

(短所)
各「ハッチ」が開閉するのに、
「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーG3」に付属する
「デストロイヤー」・「アンタレス」を
収納できず、
同様に、
「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーG3-X」に付属する
「ケルベロス」を、
「リアバック」に取り付けられない点が納得できませんでした。
(「装着変身」の「G3-X」には
「ケルベロス」を「リアバック」に取り付けるための
「補助パーツ」が付属していました。)
単に過去の商品を使い回すのではなく、
手直しするべき所は、
直してほしかったです。


「S.H.フィギュアーツ」の
「仮面ライダー」と組み合わせられる
「S.H.FiguartsEX」の商品は、
あると遊びの幅が広がります。

しかし今回の、
「ガードチェイサー」の
手の抜きようを見て、
「過去の商品の使い回しは、これっきりにしてほしい」
と強く思いました。

お客の視点に立たず、
過去の商品をほぼそのまま、
限定販売品として価格を上乗せして
販売するやり方は、
どうしても納得できません。

2010年2月に開催されたイベント
「魂フューチャーズvol.1」で
参考出品された
「トライゴウラム」は、
一から作り直した上で、
商品化してほしいです。

新規造形となる
「オートバジン」や
「ライドベンダー」も、
早く発売してほしいです。

ただし、
「バイク」に乗った
「アギト」・「G3」・「ギルス」
の3ショットを再現できた事は、
うれしかったです。


それでは今回はこれまで。
ではまた!





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます