FC2ブログ

「ミニプラ 海賊合体 ゴーカイオー」代行レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

「ミニプラ 海賊合体 ゴーカイオー」代行レビュー

go42.jpg
今回は、
「ミニプラ 海賊合体 ゴーカイオー」の代行レビューです。




「秘密戦隊ゴレンジャー」から「天装戦隊ゴセイジャー」までの、
「レジェンド戦隊」の力を受け継いだ
「海賊戦隊ゴーカイジャー」の巨大ロボ
「ゴーカイオー」が「ミニプラ」で登場です。

それではレビューです。

※本レビューには、
作品の設定を無視した内容の写真がありますが、
飽くまで趣味として撮影した物なので、
ご容赦願います。


「海賊戦隊ゴーカイジャー」松原剛志 (Project.R)

「スーパー戦隊 ヒーローゲッター」Project.R

※動画投稿者の方々、ありがたく使わせて頂きます。

(全体図)

(ゴーカイガレオン)
go1.jpg
go2.jpg
go3.jpg
go4.jpg
go5.jpg
go6.jpg
go7.jpg

(ゴーカイジェット)
go8.jpg
go9.jpg
go10.jpg
go11.jpg
go12.jpg
go13.jpg
go14.jpg

(ゴーカイトレーラー)
go15.jpg
go16.jpg
go17.jpg
go18.jpg
go19.jpg
go20.jpg
go21.jpg
go22.jpg

(ゴーカイレーサー)
go23.jpg
go24.jpg
go25.jpg
go26.jpg
go27.jpg
go28.jpg
go29.jpg

(ゴーカイマリン)
go30.jpg
go31.jpg
go32.jpg
go33.jpg
go34.jpg
go35.jpg
go36.jpg

(「ゴーカイマシン」発進!)
go37.jpg


(ゴーカイオー)
go38.jpg
go39.jpg
go40.jpg
go41.jpg


(以下適当に何枚か)
go42.jpg
go43.jpg
go44.jpg
go45.jpg
go46.jpg
ゴーカイレッド「派手にいくぜ!」

go47.jpg
go48.jpg
go49.jpg

(ゴーカイスターバースト)
go50.jpg

(上半身アップ)
go51.jpg

(脚部アップ)
go52.jpg
果たして今後、
これらの「穴」に取り付け合体する
「マジドラゴン」
等が本シリーズで商品化されるのでしょうか?

(「ゴーカイオー」&「ゴセイグレート」)
go53.jpg
go54.jpg




(総評)

(長所)
同シリーズ「天装合体 ゴセイグレート」同様、
「お菓子のおまけ」でありながら、
よく動き、
様々なポーズをつけられるのが、
大変うれしいです。

「ゴーカイケン」を、
ちゃんと腰に装備できるのも、
良かったです。


(短所)
一応向きを変えられますが、
「ゴーカイガレオンの船首」部分である、
「ゴーカイオーの両肩の装飾」のせいで、
肩の可動範囲が制限されてしまうのが、
残念でした。

それから、
少し「ゴーカイオーの顔」が
小さすぎるのも残念でした。


残念な点はありますが、
「DX」の玩具よりも
はるかにリーズナブルな価格で、
「DX」よりもよく動くのがやはりお得だと思います。

今後、
「2号ロボ」「3号ロボ」は
もちろんの事、
「マジドラゴン」「パトストライカー」等の、
「レジェンド戦隊」のメカの
商品化にも期待したいです。




さて、
「海賊戦隊ゴーカイジャー」についてですが、
「歴代スーパー戦隊が登場する作品」
という設定が公表された当初、
「仮面ライダーディケイド」と同じ事を、
今度は「スーパー戦隊シリーズ」でもやるとは、
安易な事を考えると思いました。

しかし、
第1話の「レジェンド戦隊」達が勢揃いした映像を見ると、
一気に今後の展開に期待が高まりました。

昔読んだ「てれびくん」等の
「幼年向け雑誌」に連載されていた
「スーパー戦隊のコミカライズ」では、
現役の戦隊を助けるため、
過去の戦隊が駆けつける等と言う
番組本編とは無関係の物語が
描かれる事が度々ありました。

それはそれで面白かったのですが、
やはり、
映像作品として、
歴代戦隊が勢揃いする迫力とは
比べ物にはなりませんでした。

そしてやはり、
「レジェンド戦隊」として登場する過去のキャラクターが、
「オリジナルキャスト」として登場する事を期待せずにはいられません。



第1話では、
声のみの出演ですが、
「アカレンジャー=海城剛」役の
「誠直也さん」が登場し、
第3話では、
「マジレッド=小津魁」役の
「橋本淳さん」が登場しました。

今後も、
「オリジナルキャスト」の方々が
出演されるそうで、
とても楽しみです。

個人的には、
平成からの作品もいいですが、
昭和の「スーパー戦隊」からも、
「オリジナルキャスト」の方々に、
ぜひ出演してほしいと思います。

本ブログ製作者様が触れていましたが、
私も
「太陽戦隊サンバルカン」が大好きだったので、
ぜひどなたか出演されてほしいですね。


また、
「ゴーカイオー」と合体する
「レジェンド戦隊のメカ」も

「バトルフィーバー」や、
「サンバルカン」等の、
昭和の「スーパー戦隊」のものも、
ちゃんと使ってほしいと思います。

個人的な希望としては、
「バリブルーン」や
「バトルフィーバーロボ」
等と合体してほしいです。


何でも、
今回の「海賊戦隊」という
タイトルは、
元々企画段階の
早い内から対象外とされたそうですが、
「レジェンド戦隊の存在感に負けないインパクトが必要」
という事で再度対象とされ、
見事採用されたそうです。

「ONE PIECE」のような「海賊」や、「ルパン三世」等の「泥棒」が、
子供向けの作品で主役を務める事ができるのは、「日本」独特の事だそうです。


今後の
「レジェンド戦隊」に存在感を食われる事無く、
「ゴーカイジャー」の持ち味を生かして、
主役としてきちんと活躍してほしいと思います。

「ゴーカイジャー」の5人は「レジェンド戦隊」と異なり、全員異星人のため、
 地球を守る義理はありません。
 だから現時点では、
敵である「ザンギャック」と交戦する理由も、
「昼食のカレーを台無しにされたから」「買い出しの邪魔をされたから」
等です。
 
 救いを求める人々の元へ一目散にかけつけるヒーローではないのが、
現時点での「ゴーカイジャー」の特色の一つだと思います。

それ以外にも、
「ゴーカイブルーの五刀流」は印象深かったです。

それにしても、
「DXゴーカイオー」に合体させて遊ぶ
「ゴーカイマシンシリーズ」が、
「ディケイド」放送当時に発売された
「ファイナルフォームライドシリーズ」のように、
売れ残りばかりになったあげく、
捨て値処分にならなければいいのですが…


それから
劇中に登場する
「レジェンド戦隊」の姿を見ていると、
オリジナル作品を見たいと思う方も、
今後出てくるかもしれませんが、
「スーパー戦隊のDVD」は大変高額な上に、
初期の作品はレンタルさえされていないので、
なかなか視聴するのが難しいかもしれません。

また、
「ゴーカイジャー」を見ている今の子供さんだと、
初期の作品のシリアスな物語や、
ショッキングな映像に耐性がないと思いますので、
かなり視聴はしんどいかもしれません。


さて、
「スーパー戦隊のDVD」と言えば、
シリーズ第11作「光戦隊マスクマン」が、
2011年になってやっと発売されました。

何でも、
本作のOPで、
「マスクマン」を束ねる
「姿三十郎:演 谷隼人」が、
あぐらをかいた状態で宙に浮く姿が、
凶悪テロを起こした
某カルト宗教団体の
元代表の姿を連想させるという理由で、
なかなかソフト化できなかったそうです。

しかし「マスクマン」は、
「影山ヒロノブさん」が歌う
OPとEDが大変かっこよく、
「スーパー戦隊」の中でも
スーツのデザインがずば抜けてかっこよく、
女性メンバーのスーツに
「スカート」や「イヤリング」がついた
最初の作品でした。

私としても
今回のソフト化は大変うれしいです。


さて「DVD」についてもう一点、
「ゴーカイジャー」の前番組
「天装戦隊ゴセイジャー」の後日談を描いた
Vシネマ「帰ってきた天装戦隊ゴセイジャー last epic ~護星天使が国民的アイドルに~」
が2011年6月に発売予定となりました。


テレビ版の最終回の後、
「ゴセイジャー」の5人は人間社会で
平和に暮らしていたが、
ある日、
「ゴセイジャー」に関する記憶を消すための「天装術」
「メモリーウォッシュ」が人々に効かなくなってしまう。

最初は人々に称賛され、
アイドルとして活躍する事となった
「ゴセイジャー」だが、
ある事件をきっかけに、
一転して
「人類の敵」として非難されるようになる。

「天知天文研究所」に、
「お前達は悪魔だ!」「凶悪犯」
等と書かれたプラカードを持った市民が押しかけ、
石を投げ入れる。

果たして、
誰が「メモリーウォッシュ」を無効化したのか、
「ゴセイジャー」達はどうなってしまうのか。


まだ詳細は不明ですが、
これまで「ゴセイジャー」関連のレビューで
「描かれていない」と繰り返し書いた、
「人間の汚い部分、醜い部分」が
今更描かれるようですね。


かつて「サンバルカン」・「ライブマン」・「ジュウレンジャー」等も
誤解されて市民から石を投げられた事がありました。

私は未見ですが、
シリーズ第21作目「電磁戦隊メガレンジャー」の
最終回までの3話はとにかくシリアスだったそうです。

高校生でもある「メガレンジャー」達5人は、
敵である「邪電王国ネジレジア」に正体がばれたため、
巻き添えを恐れた学校から追い出され、
家にも帰れなくなり、
野宿生活を余儀なくされます。

さらに、
市民からも迫害され、
助けた相手から恨み事を言われる等、
踏んだり蹴ったりの展開が続いたそうです。

特に、
激闘の末故障し動けなくなった
巨大ロボ「ギャラクシーメガ」を、
市民が取り囲み罵声を浴びせる場面は、
トラウマ必至だったそうです。

また、
「メガレンジャー」の敵である
「邪電王国ネジレジア」の科学者
「Dr.ヒネラー」が元々人間で、
世間に迫害された事が原因で、
悪に走ったという過去が明かされたりしました。

しかし、
「獣戦隊ゲキレンジャー」以降、
特に上記のような
「人間の負の姿」
が描かれる事は基本的になくなりました。

放送倫理の問題か、
作品の方向性のためか知りませんが、
「誤解されても耐えて人間を守るヒーロー」
は今の時代にはテレビで放送するのは難しいのでしょうか。

上記の「ゴセイジャーのVシネマ」について、
勝手な展開を予想して申し訳ありませんが、
態度を一変させた人間達の姿に
「あんな連中を守るために俺達は戦ってきたのか…」
と落胆する「ゴセイジャー」達に対し、
「ゴセイナイト」が、
「見そこなったぞゴセイジャー!
お前達の人間に対する信頼はその程度のものだったのか!
地球を汚したのも人間だが、
元に戻せるのも人間だと私に教えてくれたのはお前達ではないか!
そんなお前達がこれしきの事で、
人間達に失望してどうする!」
等と叱咤激励するかもしれません。


まあ、
「ゴセイジャー」らしい
お気楽な結末になるかもしれませんが、
果たしてどんな内容になるのか。

もしかしたら、
「レジェンド大戦」
の序章が描かれるかもしれませんね。

2011年5月には
映画「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」
が公開され、
早くも
「ゴーカイジャー」と「ゴセイジャー」のタッグを見る事ができそうです。


何はともあれ、
「ゴーカイジャー」の
今後の展開に期待したいと思います。

果たして、「ゴーカイジャー」達は、
地球にあると言う「お宝」を手に入れる事ができるのでしょうか?

「地球」と「地球人」に、「守る価値」を見出す事はできるのでしょうか?

そして、変身能力を失ってしまった「レジェンド戦隊」達は、
復活する事ができるのでしょうか?


長くなりましたが、
今回はこれまで!


FIG-COL-2810.jpgMED-CD2-06054.jpgTOY-TOK-1214.jpg
海賊戦隊ゴーカイジャー ミニプラ 海賊合体ゴーカイオー BOX

CD Project.R / 海賊戦隊ゴーカイジャー 海賊戦隊ゴーカイジャー主題歌 初回限定盤

海賊戦隊ゴーカイジャー 海賊合体 DXゴーカイオー


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

-->

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます