ProjectBM! 仮面ライダーW ファングジョーカー レビュー (前編) - ヒーローフィギュアをレビュー!

ProjectBM! 仮面ライダーW ファングジョーカー レビュー (前編)

fangjokerface2.jpg
ProjectBM! 仮面ライダーW ファングジョーカー レビュー(前編)です。

ProjectBM!より、仮面ライダーW ルナトリガーの購入特典券販売の仮面ライダーWファングジョーカーが発売しました。ProjectBM!の仮面ライダーWのフィギュアはサイクロンジョーカー、ルナトリガー、ヒートメタルに続いて4番目です。さらに月末に仮面ライダースカル、そして最後に仮面ライダージョーカーとWタイプのフィギュアはかなり出ています。前回レビューしたヒートメタルは、いままでのものよりもカラーや可動性等かなり改善していたので、ファングジョーカーでは、今までのWフィギュアのなかで最も良い出来であることが期待されます。

それではレビューを始めます。



動画投稿者様ありがたく使わせていただきます


(全体像)
fangall1.jpg
fangall2.jpg
fangstand3.jpg
fangstand4.jpg
数多くの仮面ライダーWのフォームの中で、唯一フィリップをメインとしているフォーム。牙の記憶を持つファングメモリとジョーカーメモリによってフィリップが変身し、身体能力は全フォーム中最大、そしてエクストリームの次に高い戦闘能力を誇ります。しかし変身当初はファングメモリの野獣の記憶を抑えられず、半ば暴走状態になっていましたが、翔太郎の協力で制御できるようになりました。劇中では、アームセイバー、ショルダーセイバー、そしてマキシマムセイバーから繰り出すファングストライザー等の必殺技が非常にカッコよかったものの、あまり登場しなかったのが非常に残念でした。また、仮面ライダーアクセルとともに繰り出すライダーツインマキシマムもカッコよかったです。

全体はサイクロンジョーカー等の翔太郎の変身するWと比較して、全身の形状の鋭角化やマスクの違いなど、フィリップ唯一のフォームである違いが今までのWとは違ってなんともかっこいいです。腕、足ともにトゲトゲのアーマーを装着して再現されていることにより、サイクロンジョーカーなどよりも重厚なフォルムになっています。
ブラックはつや消し、ホワイトは若干つやありのカラーになっています。ホワイトは若干劇中のほうがつやがなかったような気がしましたが、実際私はそこまで気になりませんでした。造形はかなり写真の見本に忠実だと思います。


(頭部)
fanghead1.jpg
fangface2.jpg
fangface3.jpg
fangface4.jpg
fangface5.jpg
頭部の造形はサイクロンジョーカーとは違う鋭角化したデザインがなんとも印象的です。目の処理も問題なく再現されています。

(腕)
fangarm1.jpg
fangarm2.jpg
fangarm3.jpg
腕のトゲトゲもアーマーパーツで良く再現されています。それらは腕の可動性を妨げることなくセットされています。


(手)
fanghand1.jpg
fanghand2.jpg
手首のブレスレッドのモールドも忠実に再現されていますね。

(足)
fangleg1.jpg
fangleg2.jpg
足も同じく、トゲトゲのアーマーパーツでスーツを再現しています。
今までのWフィギュアと同じく、足首の接地も問題ないです。
足首のアンクレットのモールドもブレスレッドと同じく良く再現されています。

(オプションハンド)
optionhand.jpg
オプションハンドは、開き手左右、握り手左右、変身構え手左右、メモリ持ち手、ショルダーセイバー持ち手、人差し指伸ばし手、タクティカルホーンはじき手が付属しています。右手のほうが多いですね。

(ダブルドライバ)
doubledriverfang.jpg
ダブルドライバは、いままでのものと同じです。

ボディ
bodyfang.jpg
胸のファング側とジョーカー側の模様も忠実に再現されています。


(ファングメモリ)
fangmemori2.jpg
fangmemoryhou.jpg
ファングメモリは、差し込み状態とメモリ状態を再現できます。さすがに恐竜モードにはなれないですが、その他は良く細かく作られています。

(ジョーカーメモリ)
jokermomory11.jpg
サイクロンジョーカーのものと同じです。

(ダブルドライバセット)
fangdoubledriver.jpg
メモリを両方セットした状態です。

(マキシマムスロット)
fangmemorysloot.jpg
他のWと同様に、マキシマムスロットも再現されています。


(アームセイバー)
armfang1.jpg
armfang2.jpg
armfang3.jpg
ファングジョーカーの必殺武器の一つ、アームセイバーです。
刃の部分が紫のグラデーションで再現されています。
実際手に取ってみると紫色は違和感がありますが、
写真で撮ってみると割と様になりますね。

(ショルダーセイバー)
shoulderfang1.jpg
shoulderfang2.jpg
ショルダーセイバーは、右肩の差し込み口にセットすることで再現できます。
また、手に持たせる用のセイバーも別に付属し、専用持ち手で持たせることが
できます。

(アーム&ショルダーセイバー)
armandshoulderfang.jpg

(マキシマムセイバー)
maxiumfang1.jpg
mfan2.jpg
mfan3.jpg
右足首を外してアンクレットと付け替えてマキシマムセイバーも再現できます。
体に比べてセイバーがフィギュアーツなどよりも短くなっている感がありますが、
これ以上長くなると破損しやすくなりそうなりそうなほど、先のほうは尖って
薄く作られています。

(セイバーフル装備)fangpose1.jpg
セイバーフル装備です。しかしセイバーはどれも薄いので、フィギュアがこけたときには破損しやすい可能性があるので注意が必要です。


(続きは後編で)
fangpose2.jpg
後編は上の写真をクリックお願いします。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます