FC2ブログ

「ミニプラ 海賊合体ゴーカイマシン マジドラゴン」代行レビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

「ミニプラ 海賊合体ゴーカイマシン マジドラゴン」代行レビュ―

gmd15.jpg
今回は、「ミニプラ 海賊合体ゴーカイマシン マジドラゴン」の代行レビュ―です。




「海賊戦隊ゴーカイジャー」に登場する
巨大ロボ「ゴーカイオー」が
「魔法戦隊マジレンジャー」の大いなる力を得て合体する
「マジドラゴン」が
「ミニプラ」で登場です。


それではレビューです。



※本レビューには作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なのでご容赦願います。



「海賊戦隊ゴーカイジャー」松原剛志 (Project.R)


「スーパー戦隊 ヒーローゲッター」Project.R


「魔法戦隊マジレンジャー」岩崎貴文


「呪文降臨~マジカル・フォース」Sister MAYO

※動画投稿者の皆様へ、ありがたく使わせて頂きます。




(マジドラゴン)

(全体図)
gmd1.jpg
gmd2.jpg
gmd3.jpg
gmd4.jpg
gmd5.jpg

(背面アップ)
gmd6.jpg

(翼を畳む)
gmd7.jpg
背中の翼は、
一応畳む事ができます。


(以下適当に何枚か)
gmd8.jpg
gmd9.jpg
gmd10.jpg


(マジゴーカイオー)

(全体図)
gmd11.jpg
gmd12.jpg
gmd13.jpg
gmd14.jpg
別売りの「ミニプラ 海賊合体ゴーカイオー」と
「マジドラゴン」を合体させて
「マジゴーカイオー」が完成します。


(適当にポーズ)
gmd15.jpg
gmd16.jpg


(「ゴーカイオー」VS「にせウルトラマン」)

(「にせウルトラマン」の空中からの攻撃に苦戦する「ゴーカイオー」)
gmd17.jpg

(「マジレンジャーのレンジャーキー」を使う「ゴーカイジャー」)
gmd18.jpg
ゴーカイレッド「マジで決めるぜ!」
ゴーカイジャー「レンジャーキーセット!」

(「マジゴーカイオー」登場)
gmd19.jpg
ゴーカイジャー「完成!マジゴーカイオー!」

(飛行して「にせウルトラマン」に追いつく「マジゴーカイオー」)
gmd20.jpg

(「マジゴーカイオー」の炎を浴びて落下する「にせウルトラマン」)
gmd21.jpg


(「ゴーカイマジバインド」炸裂)
gmd22.jpg
ゴーカイジャー「レッツゴー!ゴーカイマジバインド!」

(「ゴーカイオー」から分離する「マジドラゴン」)
gmd23.jpg

(「にせウルトラマン」を魔法陣で縛りつける「マジドラゴン」)
gmd24.jpg
gmd25.jpg
gmd26.jpg

(再び「ゴーカイオー」と合体する「マジドラゴン」)
gmd27.jpg
gmd28.jpg

(「マジゴーカイオー」の勝利)
gmd29.jpg



(総評)

(長所)
首の付け根が「ボールジョイント」になっていて、
いくらか表情を付ける事ができるのが良かったです。

「マジゴーカイオー」に合体させるための「ジョイント」が
しっかりと「ゴーカイオー」の本体に接続でき、
遊んでいてポロポロ「マジドラゴン」のパーツが外れなくて良かったです。


(短所)
「マジドラゴン」単体としては、
ほとんど可動部がなく、
つけられるポーズが非常に限られるのが残念でした。

せめて
口が開閉できるようにしてほしかったです。

「マジゴーカイオー」に合体した状態では、
デザインの都合上、
特に「腕」にポーズをつけるのが難しかったです。



残念な点はありますが、
「ゴーカイオーのサポートメカ」として
「マジドラゴン」を含めた
「ゴーカイマシン」が商品化された事で、
遊びの幅が広がり、
良かったと思います。


本「マジドラゴン」の翼が
きれいに畳む事ができる点が気になりますが、
「ゴーカイオーとの合体」以外にも
何か仕掛けが用意されている事を期待したいと思います。




(おまけ)
さて、
今回せっかくなので、
「スーパー戦隊シリーズ」の作品に関して
私個人の思う所を語りたいと思います。
※商品のレビューには無関係なので、
興味のない方はどうぞ無視してください。


「魔法戦隊マジレンジャー」

今回紹介した「マジドラゴン」が登場する
(※デザイン・設定は異なります。)
「魔法戦隊マジレンジャー」は、
2005年に放送されたシリーズ第29作目に当たります。


本作品放送当時は、
「ハリー・ポッター」等の
「ファンタジー小説」がブームとなっていた時期で、
その流れで「魔法使いの家族」が主役の作品となったと考えられます。
(「マジレッド」が「錬成魔法」を使う所は、
「鋼の錬金術師」の人気にあやかったのかもしれません。)


物語冒頭で
主人公等5人兄弟の母親「小津深雪 演:渡辺梓さん」が
「マジマザー」に変身する展開は
意外でした。

さらに
物語途中では、
「地底冥府インフェルシア」の戦士だった
「魔導騎士ウルザード」が
兄弟の父親「小津勇=天空聖者ブレイジェル 演:磯部勉さん」である事が判明しました。


クライマックスでは
「マジレンジャー」の5人と、
「マジブルー=小津麗演:甲斐麻美さん」と結婚した
「天空勇者マジシャイン= 天空聖者サンジェル=ヒカル 演:市川洋介さん」、
「マジマザー」と
「小津勇」が変身した「天空勇者ウルザードファイヤー」という
家族全員が勢揃いして
宿敵「冥獣帝(=絶対神)ン・マ」を倒しました。

それまでにも
「地球戦隊ファイブマン」や「救急戦隊ゴーゴーV」等の
「兄弟戦隊」はいましたが、
家族全員が戦士だったのは
「マジレンジャー」が初めてでした。

また、
それまでの「兄弟戦隊」では
長男が務めていた
「レッド」の役目を
「末っ子」である
「小津魁」が担っていました。

劇場版と本編クライマックスには、
「天空大聖者マジエル」として
「曽我町子さん」が登場しました。

「曽我さん」と言えば、
「スーパー戦隊シリーズ」では
「電子戦隊デンジマン」と「太陽戦隊サンバルカン」に登場した
「ヘドリアン女王」や
「恐竜戦隊ジュウレンジャー」の
「魔女バンドーラ」等でお馴染みでした。

「マジエル」は、
「悪の女王」の役が多かった
「曽我さん」には珍しい
「正義のキャラ」でした。

ただ残念な事に、
本「マジレンジャー」が
「曽我さん」の最後の出演作となってしまいました。


そして本作では、
「冥府神スフィンクス」と「妖幻密使バンキュリア」が改心し、
「マジレンジャー」達と和解した結果
「人類」と「地底冥府インフェルシア」が共存する事となり、
「敵組織を壊滅させずに戦いが終わる」
というそれまでにない結末を迎えました。

それと
個人的には、
「マジレッド」が
専用武器「マジスティックソード」を出す際の一連の動きが
とてもかっこよく見えて好きでした。

「マジシャイン」と「マジブルー」が結婚するのは、
見ていてかなり急な展開と感じましたが、
「鳥人戦隊ジェットマン」以来の
「戦士同士の結婚」でした。
(もちろん「ジェットマン」のような
生々しいラブシーンは描かれませんでした。)


登場するロボット達も記憶に残っており、
1号ロボの
「マジキング」は
魔法使いの被っている
とんがり帽子のような頭が印象的でした。

また、
「マジキング」のコアとなる
「マジフェニックス」が、
「バリキオン」と合体して
「ファイヤーカイザー」に、
「ユニゴルオン」と合体して
「セイントカイザー」になるギミックが
斬新に思えました。

また、
「ウルザード」が
上記の「バリキオン」と合体して、
「ウルカイザー」になるのですが、
「ウルザードファイヤー」になってからは
結局「ウルカイザー」に合体しないまま話が終わり
少し残念でした。

巨大ロボでの
親子の共闘の場面を期待していましたので。

「マジレジェンド」は、
玩具でも再現された
合体シークエンスが
かっこよかったです。



「マジシャイン」用のロボ
「トラベリオン」は
「ゴーゴーV」の「グランドライナー」以来の
「汽車が変形する巨大ロボ」でした。



物語は、
「小津魁=マジレッド 演:橋本淳さん」が、
「人類」と「地底冥府インフェルシア」の友好関係を築くために
「親善大使」として飛び回っている姿や、
食卓を囲んで団欒する「小津一家」の様子が描かれて締めくくられました。


本編終了後
「小津翼=マジイエロー :演 松本寛也さん」のみ
2007年に
Vシネマ「轟轟戦隊ボウケンジャー VS スーパー戦隊」で
同役で出演されました。

そして2011年
「海賊戦隊ゴーカイジャー」の2・3話に
「小津魁=マジレッド」として
「橋本淳さん」が出演されました。

「小津兄弟の陽気な末っ子」だった
「マジレンジャー」当時と違い、
先輩としての貫録を持った
大人として登場しました。

本来父親であったはずの
「ブレイジェル」を相棒として引き連れていましたが、
詳細な説明はありませんでした

※ブレイジェルではなくてフレイジェルでした。
たとば様、れっか様ご指摘ありがとうございました。


私は全然気付かなかったのですが、
「橋本淳さん」は
2007年にNHKの朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」で
「貫地谷しほり」扮する主人公の
弟役として出演されていた事を随分後になって知りました。

私も上記の番組を何度か見ていて、
「橋本さん」演じる弟役の顔も見ていましたが、
全く気が付きませんでした。
(ゴメンなさい…)






さてさて、
2011年6月公開の
映画「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」に、
「魔法戦隊マジレンジャー」から
「マジレンジャー」の6人と
「マジマザー」・「ウルザードファイヤー」が登場しますが、
果たしてオリジナルキャストとして出演、
あるいは声のみの出演をされる方はいるのでしょうか。

その事を含めて、映画には期待したいと思います。

長くなりましたが、今回はこれまで!


ミニプラ ゴーカイオーなど(楽天) ミニプラ 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイマシン

海賊戦隊ゴーカイジャー ミニプラ海賊合体ゴーカイオー -Let’s goゴーカイバスターバーストVER- BOX



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

-->

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます