FC2ブログ

「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダースカルクリスタル」代行レビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダースカルクリスタル」代行レビュ―

ksc18.jpg
今回は、
プレミアムバンダイ限定
「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダースカルクリスタル」の代行レビュ―です。




映画「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE」
に登場した
「仮面ライダースカルの不完全状態」である
「仮面ライダースカルクリスタル」が
「S.H.フィギュアーツ」で登場です。


それではレビューです。

※本レビューには、作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なので、ご容赦願います。



「Nobody's Perfect」鳴海荘吉


「HEART ∞BREAKER」 DaiKichi


※動画投稿者の方々へ、ありがたく使わせて頂きます。

(全体図)
ksc1.jpg
ksc2.jpg
ksc3.jpg
ksc4.jpg


(頭部アップ)
ksc5.jpg
ksc6.jpg
ksc7.jpg
ksc8.jpg
クリアパーツにより、
「スカルクリスタル」
の雰囲気がかなりよく再現されています。
額の傷(?)もちゃんと再現されています。



(付属品)
ksc9.jpg
ksc10.jpg
交換用頭部(クリア・ノーマル)
交換用手首(左右各5種)
キャップ(2個)
スカルマグナム
交換用マフラー(A・B)
帽子(傷あり・傷なし)


(マフラー)

(マフラーA)
ksc11.jpg

(マフラーB)
ksc12.jpg
同シリーズ「仮面ライダースカル」同様、
「マフラー」が2種類付属しています。


(帽子の被せ方)
ksc13.jpg

(「キャップ」を被せる)
ksc14.jpg

(「キャップ」の上から「帽子」を被せる)
ksc15.jpg

「交換用頭部(クリア)」に
「帽子」の色が移らないよう
今回新たに
「キャップ」
という部品が付属していました。


(スカルマグナム)
ksc16.jpg
ksc17.jpg
ksc18.jpg
同シリーズ「仮面ライダースカル」同様
「スカルマグナム(マキシマムドライブモード)」
が付属します。

(ノーマル頭部アップ)
ksc19.jpg
ksc20.jpg
ksc21.jpg
ksc22.jpg
本商品には、
「完全状態」の
「スカルの頭部」も付属します。



(帽子)

(傷なし)
ksc23.jpg

(傷あり)
ksc24.jpg
「ノーマル頭部」にも、
「帽子」を被せる事ができます。

(ノーマル頭部の比較)
ksc25.jpg
ksc26.jpg
ksc27.jpg
「S.H.フィギューアーツ」の
「仮面ライダースカルクリスタル」と
「仮面ライダースカル」のそれぞれの
「ノーマル頭部」を比べてみました。

「スカルクリスタル」に付属する物は、
目が小さくなる等、
デザインや大きさが
変更されています。


(決め台詞)
ksc29.jpg
ksc28.jpg
スカルクリスタル「さあ、お前の罪を数えろ!」


(以下適当に何枚か)
ksc30.jpg
ksc31.jpg
ksc32.jpg
ksc33.jpg


(「スカルボイルダー」騎乗状態「スカルクリスタル」)
ksc34.jpg
ksc35.jpg
ksc36.jpg
ksc37.jpg
ksc38.jpg
ksc39.jpg


(映画「仮面ライダースカル」より)
※今回、
「スパイダー・ドーパント」の代わりに「特撮リボルテック プレデター」を
「バット・ドーパント」の代わりに「S.H.フィギュアーツ ン・ダグバ・ゼバ」を使用して
撮影しました。



(パンチされる「スパイダー・ドーパント」)
ksc40.jpg
スパイダー・ドーパント「うおっ!」

(「仮面ライダースカルクリスタル」登場)
ksc41.jpg

(自分の姿を見つめる「スカルクリスタル」)
ksc42.jpg
スカルクリスタル「これが俺の身体…」

(激突する「スカルクリスタル」と「スパイダー・ドーパント」)
ksc43.jpg

(「スパイダー・ドーパント」にパンチを決める「スカルクリスタル」)
ksc44.jpg

(「スパイダー・ドーパント」に殴り返される「スカルクリスタル」)
ksc45.jpg

(互いの手を掴んで押し合う両者)
ksc46.jpg


(殴り飛ばされる「スカルクリスタル」)
ksc47.jpg

(倒れた状態で「スカルマグナム」で発砲する「スカルクリスタル」)
ksc48.jpg

(「スカルマグナム」の攻撃でひるむ「スパイダー・ドーパント」)
ksc49.jpg
スパイダー・ドーパント「うおっ!」

(瓦礫の下敷きにされる「スカルクリスタル」)
ksc50.jpg

(「スタッグフォン」の呼び出し音に気付く「スカルクリスタル」)
ksc51.jpg
スカルクリスタル「亜樹子…何て時に…そうか!」

(電話に出る「スカルクリスタル」)
ksc52.jpg
スカルクリスタル「誕生日だな、おめでとう」
鳴海亜樹子(幼少)「お父ちゃん!(中略)
まわりやかましいな、何しとんねん?」
スカルクリスタル「お仕事だよ…今も悪党と戦ってショベルカーに
押し潰されそうになっているところだ…ううう!」
亜樹子「うそやーそんなん。そんなに大阪に帰りたくないんか?
あっという間に、私年とってしまうで。
次戻って来たら、もうお嫁に行った後かもしれへんでー
たまには帰ってきて~な!」

(「亜樹子」と約束をする「スカルクリスタル」)
ksc53.jpg
スカルクリスタル「お前が嫁に行く時には…必ず傍にいてやる…」
亜樹子「えー!!ほんまに?」
スカルクリスタル「約束するよ…亜樹子」
亜樹子「うん!」

(瓦礫を撥ね退け反撃に出る「スカルクリスタル」)
ksc54.jpg
スカルクリスタル「まだ死ねん!」


(「バット・ドーパント」の前で変身する「スカルクリスタル」)
ksc55.jpg
スカルメモリ「SKULL!」
鳴海荘吉「変身!」
ロストドライバー「SKULL!」

(変化する頭部)
ksc56.jpg
ksc57.jpg

(仮面ライダースカル誕生)
ksc58.jpg

(「バット・ドーパント」に飛びかかる「スカル」)
ksc59.jpg
スカル「とおー!!」

(「スカル」のパンチで吹き飛ばされる「バット・ドーパント」)
ksc60.jpg
バット・ドーパント「ぎゃあ!」

(格闘する両者)
ksc61.jpg

(アッパーカットで吹っ飛ぶ「バット・ドーパント」)
ksc62.jpg

(「スカルマグナム」を変形させる「スカル」)
ksc63.jpg
スカルマグナム「SKULL!MAXIMUM DRIVE!」

(「スカルマグナム」を構える「スカル」)
ksc64.jpg

(スカルパニッシャー炸裂)
ksc65.jpg

(撃たれて倒れる「バット・ドーパント」)
ksc66.jpg
バット・ドーパント「うああ!」

(瓦礫の下敷きになり「スカル」に命乞いをする「バット・ドーパント」)
ksc67.jpg
バット・ドーパント「助けて…くれなもし…」

(無視する「スカル」)
ksc68.jpg
スカル「無理だな…」

(「バット・ドーパント」撃破)
ksc69.jpg
バット・ドーパント「助けて!」
爆散

※テレビ版「仮面ライダーW」で、
「W」に変身する「左翔太郎」は、
「たとえ人間のクズでも見殺しにはしない」
というような事を言っていました。

それに対し
映画「仮面ライダースカル」で、
「スカル」である「鳴海荘吉」は、
命乞いをする「ストーン(演:つぶやきシローさん)」を
笑いながら殺害した「バット・ドーパント」を
最後に見殺しにしました。

上記の場面は、
「ハーフボイルド」である「左翔太郎」と、
「ハードボイルド」である「鳴海荘吉」の違いが
はっきりとした形で描かれている場面として
とても強く印象に残りました。



(「スパイダー・ドーパント」と対峙する「スカル」)
ksc70.jpg
スカル「俺は自分の罪を数えたぜ…マツ…
さあ、お前の罪を…数えろ!」

(「スパイダー・ドーパント」の攻撃を受け止める「スカル」)
ksc71.jpg

(展開したボーンプロテクションの波動で吹き飛ばされる「スパイダー・ドーパント」)
ksc72.jpg
スパイダー・ドーパント「うわー!!」

(「マキシマムスロット」に「スカルメモリ」を装填する「スカル」)
ksc73.jpg

(ジャンプする「スカル」)
ksc74.jpg
スカルメモリ「SKULL MAXIMUM DRIVE!」

(ライダーキック命中)
ksc75.jpg
スカル「とおー!!」
スパイダー・ドーパント「ぎゃあー!!」


(おまけ)

(秘宝「クリスタルスカル」)
ksc76.jpg
※映画「インディージョーンズ」に登場した「クリスタルスカル」とこじつけてみました。

(「クリスタルスカル」を取り合う「ルパン三世」と「仮面ライダーディエンド」)
ksc77.jpg
ディエンド「放せ!全てのお宝は僕の物だ!」
ルパン「何言ってやがる!このお宝は俺様が先に見つけたんだ!
お前こそ放しなさいってば!」

(何かによって弾き飛ばされた「クリスタルスカル」)
ksc78.jpg
ルパン&ディエンド「あっ!」

(「仮面ライダースカル」の登場にあっけにとられる「ルパン」と「ディエンド」)
ksc79.jpg
スカル「あいにくだったな…こいつはおれの物だ…返してもらう…」



(総評)

(長所)
以前の
「仮面ライダースカル」と違い、
本体の黒い部分が、
「つや消しブラック」になっていて、
何となく渋い印象に変わっていました。

「クリア頭部」が、
劇中の
「スカルクリスタル」のイメージを、
かなり忠実に再現できていると感じました。

「ノーマル頭部」も、
以前の物に比べ、
より劇中の「スカル」のデザインに近くなっていたのが
良かったです。

また、
以前の物と違い、
「帽子」を、
しっかりと「ノーマル頭部」に被せられる点が
うれしかったです。

(短所)
今回何より不満を感じたのは、
以前販売された
「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダースカル」との
付属品の違いが、
「クリア頭部」「キャップ」しかなかった事です。

今回、
映画「仮面ライダースカル」で使用した
「砲身が折れた状態」の
「スカルマグナム」が付属する事を期待しましたが、
付属しませんでした。

また、
今回新たに追加された「キャップ」も、
「クリア頭部」に色が移らないようにするための物との事ですが、
説明書通りに被せると、
かえって「帽子」をしっかりと被せられなくなり、
邪魔にさえ感じました。


上記映画のクライマックスで見せた
「ライダーキック」のシーンを再現できないのも納得できませんでした。


「S.I.C.」版では付属する
「展開状態ボーンプロテクション」と
「必殺技用エフェクトパーツ」を
何故付けてくれなかったのでしょう?



今回、
「仮面ライダースカル」としては、
以前の物と比べ、
「帽子」をしっかりと被せられるようになり、
「顔のデザイン」も劇中のものに近くなり、
そういう点では、
改善されていると感じました。


しかし、
映画「仮面ライダースカル」に登場した
「仮面ライダースカルクリスタル」としては、
「クリア頭部」を除けば、
何も特徴を再現されていない商品だと感じました。



はっきり言って、
この程度の内容なら、
「通常販売」に
するべきだと思います。


「限定商品」という事で、
値引きもなければ、
送料・手数料を上乗せされ、
購入する側には大きな負担になるにも関わらず、
値段と商品の内容が
釣り合っていません。

消費者を馬鹿にするのもいい加減にしてほしいです。


キャラクターの情報が公開されてから
最速で商品化が決定し、
予約の受付を始めるのは結構な事だと思います。


しかし、
商品が発売するまでの間に、
追加すべき点、
手直しする点は、
きちんとやってほしいものです。


そういった点については、
「ホットトイズ」の姿勢を見習ってほしいものです。


最新映画に登場するキャラクターの商品化を決め、
予約の受付を始めた後に、
映画が公開されて初めて隠されていた
デザインや仕掛けがあった事を知らされる事があります。
(映画「アイアンマン2」の「ウォーマシン」の隠し武器「別れた妻」等)

「ホットトイズ」は、
そういう部分も、
発売予定日を延期してでも、
きちんと追加してくれて、
消費者の気持ちをよく考えてくれていると思います。


それに対してバンダイの方はと言えば、
今回のように、
発売まで十分な期間があったにも関わらず、
全くそのような事を一切やってはくれませんでした。


少々発売が延期されても構いませんので、
作品を見て、
キャラクターに対し愛着を持っている購入者の
気持ちを汲んだ商品開発をしてほしいものです。


最近では、
特に「仮面ライダーのS.H.フィギュアーツ」で、
毎月出る
「限定商品」の数が
「通常販売の商品」の数を上回る勢いになってきています。


商品のラインナップを見ていると、
売れようが売れまいが
人気があろうが無かろうが
片っぱしから限定販売に回しているようにしか見えません。


はっきり言って、
限定販売に回すのは
「限定商品でしか出せない物」
だけにしてほしいです。


これまで繰り返し
「仮面ライダーの変身前のキャラ」と言う物を
「S.H.フィギュアーツ」で商品化してほしいと言い続けてきました。


「肖像権」等の問題があり、
非常に商品化が難しい要望ですが、
こういうものこそ
「限定商品」として商品化するよう努力するべきではないでしょうか?


そう考えると
今回の「仮面ライダースカルクリスタル」も、
「鳴海荘吉の交換用頭部」等が付属していれば、
限定販売でも仕方ないと納得できました。

しかし、
結局それも叶わず、
感想は上記の通りです。

ただただ利益を水増しするためだけに、
消費者の足元を見て、
あざといやり方を続けるのであれば、
今後もバンダイの商品を買う事をやめる事も考えようと思います。


本当にバンダイには、
消費者の立場に立ってほしいです。


苦言ばかりになって申し訳ありませんが、
今回はこれまで!








関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

-->

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます