FC2ブログ

「リボルテックヤマグチ 次元大介」代行レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

「リボルテックヤマグチ 次元大介」代行レビュー

jt22.jpg
今回は、
「リボルテックヤマグチ 次元大介」の代行レビューです。



「ルパン三世」に続き、
「ルパン」の相棒
「次元大介」が
「リボルテックヤマグチ」で登場です。


「次元大介」は、
元殺し屋という過去を持ち、
「ルパン」が最も頼りにしている相棒です。

「次元」の声は、
テレビアニメ第1シリーズから、
「小林清志さん」が担当し、
映画「ルパン三世 風魔一族の陰謀」のみ、
「銀河万丈さん」が担当していました。



愛用の銃はコンバットマグナムで、
百発百中の早撃ちの名手です。

テレビアニメでは、
銃砲店で働いていました。


某局の「アニメ特集」で、
「次元は帽子のつばを標準にしてマグナムを撃っている」
というネタが紹介されていました。

愛用の帽子を全て焼失した次元の撃った弾が、
全く命中しなくなった回が紹介されました。

しかし同シリーズを含め、
次元が帽子を脱いだ状態でも百発百中である姿は、
幾度も描かれてきました。

結局
「ルパンの弱点はタコ(テレビ第1シリーズより)」
と同様、
スタッフの思いつきで設けられた設定に過ぎなかったようです。


それではレビューです。

※本レビューには、
作品の設定と異なる内容の写真がありますが、
飽くまで趣味として撮影した物なのでご容赦願います。


「ルパン三世その2」チャーリー・コーセイ


「ルパン三世 愛のテーマ(ヴォーカル・ヴァージョン)」) 水木一郎


「ラヴ・スコール」サンドラ・ホーン


「ラヴ・イズ・エヴリシング」木村昇


「フェアリー・ナイト」 ソニア・ローザ

※動画投稿者の皆様へ、ありがたく使わせて頂きます。


(全体図)
jt1.jpg
jt2.jpg
jt3.jpg
jt4.jpg

(付属品)
jt5.jpg
折りたたみチェア
補助スタンドプレート
オプションヘッド(通常顔・逃走顔・煙草くわえ顔)
着弾エフェクトパーツ×5
リバーシブル背景用ボード
オプションハンド(左右握り手・シケモク持ち手・弾丸補充手・
ライター持ち手・拳銃保持手×2)
拳銃(腰装備用)
煙草&ライター


(リバーシブル背景用ボード)
jt6.jpg
jt7.jpg


(通常顔)
jt8.jpg

(逃走顔)
jt9.jpg

(煙草くわえ顔)
jt10.jpg

(拳銃保持手)
jt11.jpg
jt12.jpg
同シリーズ「ルパン三世」同様、
「拳銃」は、
交換用手首と一体化しています。

拳銃(腰装備用)
jt13.jpg
「次元」が「マグナム」を取り出す場面を再現するための
「拳銃(腰装備用)」が付属します。


(シケモク持ち手)
jt14.jpg

(「マグナム」に弾を込める「次元」)
jt15.jpg
「弾丸補充手」と
もう1種類の「拳銃保持手」を組み合わせて、
「マグナムに弾を込める場面」を
再現できます。

(「ライター」で「煙草」に火を着ける「次元」)
jt16.jpg
「煙草」・「ライター」・「ライター持ち手」を組み合わせて、
「ライターで煙草に火を着けている場面」を
再現できます。

(壁に身を隠しながら、反撃の機会を窺う「次元」)
jt17.jpg
jt18.jpg
「リバーシブル背景用ボード」と
「着弾エフェクトパーツ」を組み合わせて、
「敵の銃撃を受けている場面」を
再現できます。


(以下適当に何枚か)
jt19.jpg
jt20.jpg
jt21.jpg
jt22.jpg
次元「さあ、おっぱじめようぜ!」

(原作の1場面より)

(急な計画変更に反対する「次元」に尋ねる「ルパン」)
jt23.jpg
ルパン「今回の仕事のボスは誰だ?」
次元「そりゃ、もちろんあんただ」


(「次元」に詰め寄る「ルパン」)
jt24.jpg
ルパン「そうだ俺だ!だから黙って俺の言うとおり…」


(「小型テーブル」を振り下ろそうとする「ルパン」)
jt25.jpg
ルパン「働け!」


(「ルパン」が振り下ろした「小型テーブル」を避ける「次元」)
jt26.jpg
ルパン「ふんっ!」


(遠くを指差す「ルパン」と振り返る「次元」)
jt27.jpg
ルパン「あ!!」


(「小型テーブル」が後頭部に直撃する「次元」)
jt28.jpg



(テレビ第1シリーズ第1話より)

(「ルパン」と交信する「次元」)
jt29.jpg
ルパン「次元、こちらルパン。やっぱり変なのがウロウロし始めたぜ。
ところでそっちの様子はどうだ?」
次元「いやーこっちはのんびりしたもんだ。
小鳥がピーチク鳴いてるぜ。」

(テレビ第1シリーズ第2話より)

(射撃の練習をする「次元」)
jt30.jpg
jt31.jpg

(去って行く「峰不二子」を追いかけようとする「ルパン」とあきれる「次元」)
jt32.jpg
ルパン「不二子~」
次元「おい目を覚ませよ!何だあんな女!」
ルパン「待ってくれ~僕の恋人~」

(野原に寝そべり空を見上げる「ルパン」と「次元」)
jt33.jpg


(テレビ第1シリーズ第13話より)


(「魔毛 狂介」の話を信じようとしない「ルパン」と、何か引っかかる「次元」)
jt34.jpg
ルパン「おい次元引き上げよう。
俺たちゃキ○ガ○に構っている程ヒマじゃねえんだよな。
うほほほほほ!」


(映画「カリオストロの城」より)

jt35.jpg
次元「一人でかっこつけて悩むんじゃねえ!ほら言え!」
ルパン「ノーノー!」

jt36.jpg
次元「言え!言うか!」
ルパン「言う言う言う言う!」


(テレビSP「バイバイ・リバティー・危機一発!」より)

(突然隠れ家に入って来た相手に銃口を向ける「次元」)
jt37.jpg
次元「動くな!鼻っ柱の真ん中にホクロを作るぞ!」

(傷心の「ルパン」登場)
jt38.jpg
ルパン「御苦労さん。どうせならここに頼むわ。」
次元「ルパン!お前、愛に生きてたんじゃないのか?」

(ふられた事を指摘する「次元」)
jt39.jpg
ルパン「いひひひ…いや~それがな、愛もいいけっどもな、
やっぱり仕事かな男はなんて思って…」
次元「ふられたな~ジュディーに」
ルパン「あははは…そういう言い方ムカーとすんだけどね…イヒヒ…イヒヒ…」
次元「そうか、ふられたのか!」

(「次元」に泣きつく「ルパン」)
jt40.jpg
ルパン「ぐううううううう……」
次元「…たくっ!これまで女に入れ込んでいい事あったか?」
ルパン「お~れの他にも男がいたんだ~」


(「エイリアン ウォーリアー」に追い詰められる「ルパン」)
jt41.jpg
ルパン「あららら…大ピンチ~」


(襲いかかる「ウォーリアー」)
jt42.jpg
ルパン「あれまーお助けー!」


(突然何者かの銃撃で吹き飛ばされる「ウォーリアー」)
jt44.jpg
ルパン「あらららら?」


(「次元」登場)
jt45.jpg
次元「へっ!ギリギリセーフってとこだな!」
ルパン「じげ~ん」


(アジトでお宝を鑑賞する「ルパン」と、
「マグナム」の手入れをする「次元」)
jt46.jpg

(祝杯を上げる「ルパン」と「次元」)
jt47.jpg
ルパン&次元「かんぱ~い!!」


(駆け出す「ルパン」と「次元」)
jt48.jpg
ルパン「いくぜ!次元!」
次元「おうルパン!」


(仲良し2人組)
jt49.jpg

(銃を構える「ルパン」と「次元」)
jt50.jpg
ルパン「次元!そっちは頼んだぜ!」
次元「おう!任せときな!」


(「次元」、未知と遭遇す)

(「ライター」を忘れた事に気付く「次元」)
jt51.jpg
次元「いけね!ライター忘れちまった!」

(「謎の男」にお願いする「次元」)
jt52.jpg
次元「おじさん、悪いけど煙草に火着けてくんない?」

(「次元」の煙草に火を着ける「謎の男」)
jt53.jpg
謎の男「ほら…」
次元「ありがとさん」

(一服する「次元」)
jt54.jpg
次元「ふ~、やっと一息つけたぜ」


(「次元」を褒める「仮面ライダースカル」)
jt55.jpg
仮面ライダースカル「おいあんた、帽子がよく似合うな。
帽子がサマになるのは一人前の証拠だ。」
次元「へへ、そりゃどうも」


(総評)

(長所)
「次元大介」のかっこよさを
よく再現できていると思いました。

「煙草」、「ライター」等
小道具が豊富で、
様々な場面を再現できるのが
良かったです。

「リバーシブル背景用ボード」と
「着弾エフェクトパーツ」を組み合わせて、
戦闘場面を再現できるのが良かったです。


(短所)
「オプションヘッド」に、
アニメ等でたまに登場する
「目を出して驚いた表情の次元」
の頭が付属しない点が、
最も残念でした。

それから、
今回
「折りたたみチェア」が付属し、
同シリーズの「ルパン三世」と組み合わせて、
「アジト」の場面を再現できるものの、
「ルパン」には付属していた
「ウイスキーグラス」が付属しないのが
残念でした。


残念な点はありましたが、
以前
「タカラトミー」の
「ミクロアクション」では
「ルパン三世」「峰不二子」しか
商品化されなかったので、
今回「次元」が商品化され、
とてもうれしく思います。



早く
「リボルテックヤマグチ」から、
「峰不二子」・「石川五ェ門」・「銭形警部」も商品化して、
「ルパン一家」を並べてみたいです。

しかし現時点では、
上記の3人については、
具体的な商品化の情報が出ていません。


「五ェ門の和服」や
「銭形警部のコート」が、
商品化の際課題になっているのでしょうか?

「和服」は確かに難しいかもしれませんが、
「コート」については、
既に「リボルテックヤマグチ」から
「コートを着たキャラ」が商品化され、
「コート」が邪魔になる事無く、
自由にポーズをつけられるようなので、
問題ないと思うのですが…


何はともあれ、
早く商品化してほしいです。


さてさて、
アニメ「ルパン三世」についてですが、
2011年の新作アニメは、
いつになく遅い
「秋」の放送予定となっています。

「ルパン三世」役の
「栗田貫一さん」を除けば、
「銭形警部」の声を担当する
「納谷悟朗さん」を始め、
他のレギュラーの声優陣は、
皆様ご高齢なので、
そろそろ限界かもしれません。

キャラクターに負けない程、
個性的な声で演じ続けられてきた
「ルパン三世」のキャラだけに、
後を継ぐ声優の人選は
非常に難しいでしょう。


また、
「声優」の問題だけでなく、
これから先、
「表現」の面でも、
さらに難しくなっていくかもしれません。


かつてテレビ版第1シリーズでは、
上記の写真の場面のように、
「ルパン」達はかなり口が悪く、
言いたい放題でした。


それが、
時代の流れにより、
「言葉狩り」や「自主規制」で、
「ルパン」であっても
言葉を選ばなければならなくなりました。


表現について言えば、
特に
エロい場面は、
昨今の作品では
ほとんど描かれなくなりました。


無論、
テレビ版第1シリーズであっても、
「モンキー・パンチ先生」の描いた
原作通りとはいきませんでした。
(原作の「ルパン」は、
相手が女性だったら
手当たり次第関係を持つような
キャラとして描かれていました。)


最初の頃は
「峰不二子」に利用されたりして、
苦い思いをする程度でしたが、
最近の「ルパン」は、
他の女性にも頭の上がらない
「へたれ」として
描かれる事が多くなりました。


以上のように、
本来「誰よりも自由を愛する大泥棒」である
「ルパン」が、
時代の流れにより
様々な制約を受け、
自由を奪われ続けてきました。


そんな中、
2010年12月に、
東京都で、
漫画やアニメの表現を規制するための条例が
可決・成立し、
2011年7月に施行される事となりました。


私も知らない間に、
既にいくつかの作品が
条例施行前にも関わらず
規制の対象として
槍玉に挙げられていました。


このような状況を見ていると、
「ルパン」を含め、
長年愛され続けている
漫画やアニメであっても、
より一層表現の幅を
狭められかねないと
心配でなりません。


ただ、
「ルパン三世」を始め、
「日本を代表するキャラクター」が登場する
漫画やアニメが、
これから先も描き続けられる事を
願っています。


それでは長くなりましたが、
今回はこれまで!



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

-->

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます