S.H.フィギュアーツ Tiger&Bunny ワイルドタイガー レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

S.H.フィギュアーツ Tiger&Bunny ワイルドタイガー レビュー

wt001.jpg
今回は、S.H.フィギュアーツ ワイルドタイガーのレビューです。



タイバニから鏑木T虎徹(おじさん)こと、ワイルドタイガーがフィギュアーツで登場です!劇中では、10年を超えたヒーローとして活躍していたが、会社の撤退より大会社に移籍したあげく、扱いづらい新人のサポートに回されるといったかなり崖っぷちなキャラでした。しかし、不器用ながらも熱い正義感で数々の苦境に立ち向かうヒーローの一人です。

私もはじめにタイバニがはやっていると聞いたときは、「タイガ―&バニー?タイガ―&ドラゴンなら知ってるけど?」と思っていましたが、いざ見てみるとすぐにハマって、ブルーレイやCDをすべて買うほどのめりこんでしまいました・・・。先週には放送が終了しましたが、多分2期もあると思うので、今後のワイルドタイガーの活躍には期待したいですね!(ただ何らかのパワーアップはほしい)

それではレビューを始めます。



OP1 オリオンをなぞる / UNISON SQUARE GARDEN


オリオンをなぞる(シングル)
Populus Populus(アルバム)

ED1 星のすみか 藍坊主 (CD - 2011)

星のすみか


OP2 ミッシングリンク NOVELS

ミッシングリンク


ED2 マインドゲーム 珠妃


マインドゲーム【初回限定盤】(CD+DVD)
マインドゲーム【通常盤】

※動画投稿者様ありがたく使わせていただきます。

(全体像)
wt078.jpg
wt079.jpg
wt018.jpg
劇中のがっしりとした体型が良く再現されています。各部の再現もかなり高いです。

(顔拡大)
wt070.jpg
wt025.jpg
wt023.jpg
顔の部分の造形も、かなり劇中に近く作られています。

(各部)
wt081.jpg
足の裏の部分も再現されています。

wt060.jpg
腕の部分の光沢とグリーンの色彩も、クリアーパーツと中のシールを使用することで良く再現されていますね。

wt059.jpg
足首の部分は少し可動性が低いですが、その他の部分は問題ないと思います。

wt058.jpg
みえにくいですが、腹の部分のスリットのようなところもグリーンのクリアーパーツが使用されています。

wt021.jpg
wt020.jpg
wt019.jpg
両肩及び胸のスポンサーロゴも劇中通り再現されています。そして、胸の真ん中にもワイルドタイガーのマークが小さいですが再現されています。


(グッドラックモード)
wt056.jpg
wt057.jpg
wt066.jpg
グッドラックモードは、左腕を付け替えることで装備できます。モード自体の再現性は非常に高いのですが、さすがに重いので、振り上げた状態で長時間維持することは難しいと思います。ちなみにこのモードは見かけは派手ですが、劇中では威力は変わらないそうです。


(ワイルドショット)
wt061.jpg
wt012_20110923123525.jpg
両腕に装着するワイルドショットは、腕の上部部分を外して取り付けます。グリップが可動したりとかなり作りこまれていますね。

(オプション)
wt050.jpg
wt051_20110923224408.jpg
スタンドです。スタンドの台座には、ワイルドタイガーと虎徹の名前とアポロンメディアのマークが記されています。

可動性
wt022_20110923230058.jpg
足首の可動性はデザイン上低くなっていますが、その他は問題なく、股関節の可動域も広いです。

(そのほか)
wt002.jpg
wt004.jpg
wt008.jpg
wt013.jpg
wt028_20110923230059.jpg
wt036_20110923230059.jpg


wt074.jpg
たしかグッドラックモードで空を飛んだことが一回だけあったような?ということは、この飛行能力を使用すれば、攻撃力もアップするのでは?


VSエイリアンウォーリア
wt038_20110923124312.jpg
wt039_20110923124335.jpg
wt042_20110923124356.jpg
wt043_20110923124418.jpg
ワイルドタイガー「一気に決めるぜ!」

グッドラックモード起動&ハンドレッドパワー発動のつもり
wt044_20110923124440.jpg
うおおおおおおお!!!!


wt064.jpg
wt045_20110923124502.jpg
でりゃぁぁぁぁ!!!!

ウォーリア―撃破
wt046_20110923124524.jpg


(総評)
良かったところ
劇中の外見をかなり良く再現している
ワイルドショトやグッドラックモードなどの再現が可能
足がダイキャストであり安定性も高い

悪かったところ
デザインからくる可動性の制限が少しあり
顔(素顔)見える付け替えパーツなどがあればもっとよかった

ダイキャストの使用やクリアパーツなど、かなり劇中の再現を考えて作られているフィギュアだと思います。可動性もデザイン上仕方ない部分もありますが、かなり高いので色々な劇中のポーズをとらせることができます。グッドラックモードなどの再現性も高いので、文句なく現在のところワイルドタイガーのフィギュアとしては最高峰にあると思いました。ただ、できるならば虎徹の顔が見えたヘッドパーツなどあればもっとよかったと思いました。

現在タイバニのフィギュアはすさまじい人気で、本日量販店でも開店前に行列ができて即売り切れになっている状態です。今後、バーナビーでも同じことがあると思いますので、メーカーは増産を急いで、ほしい人にいきわたるようにしてほしいですね。次のバーナビーにも期待しています!

それでは今回はこれにて。





S.H.フィギュアーツ TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) ワイルドタイガー

S.H.フィギュアーツ TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) バーナビー・ブルックスJr.


関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます